好みの打ち心地にカスタマイズ可能。キークロンのホットスワップ対応ワイヤレスキーボード

  • 7,976

  • author 巽英俊
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
好みの打ち心地にカスタマイズ可能。キークロンのホットスワップ対応ワイヤレスキーボード
Image: KOPEK JAPAN

自分好みに染められる。

キーボードって相性がかなり重要なツールで、なんとなく適当に選んだものを使ってると、妙に疲れたり肩が凝ったりして如実に作業効率が落ちますよね。やっぱり快適な打感のものを選ぶと、どんなに面倒な仕事でもさくさく捗ります…捗るような気がします…たぶん。

最大3台の端末とBluetooth接続可能

sub15
Image: KOPEK JAPAN

打感の良いキーボードをお探しの方にオススメなのが、Keychron(キークロン) K2ホットスワップ対応ワイヤレス・メカニカルキーボードです。こちらホットスワップに対応していて、Gateron、Cherry、Kailhなど市販されているMXスタイルの3pin、5pinメカニカルスイッチのほぼすべてが使えます。つまり好きなスイッチを買ってきて、自分好みの打ち心地にカスタマイズすることができるわけです。たとえばゲーミングの人は軽めなタッチのスイッチを選ぶとか、ビジネスユースの人はクリッキーな打ち心地のものを選ぶとか、用途に合わせてカスタマイズできるのでかなりいい感じです。

Mac/Windowsのほか、スマホやタブレットなど最大3台のデバイスとBluetoothでワイヤレス接続。バッテリー容量は4,000mAhで、バックライトオフにすれば最大240時間のタイピングが可能です(USB-Cでの有線接続も可能)。テンキーレスだけどファンクションキーはあるし、キーピッチもフルサイズで程良い感じ。ボトムフレームが斜めになっているので、タイピング時の快適性はちゃんと確保されています。

キー配列はUSとJISの2種類(JISレイアウトは入荷次第販売開始)。フレームはアルミ(RGBライト搭載モデル)プラスチック(White LED搭載モデル)から選べ、価格はRGBライトモデルが1万7930円、White LEDモデルが1万5950円となっております。RGBライトモデルは18種類ものバックライトが仕込まれていて、かなり派手な演出もできるのでゲーミング用に良さげですね。デザインもスマートですよ。

乾電池で動くってやっぱ良い! 「K855」は長く愛せそうなメカニカルキーボードです

きょう発表されたロジクールのメカニカルキーボード「K855」はこの3つがうれしいポイント。中でも電源が乾電池ってのは最近のキーボードでは減ってきている仕様な気が...

https://www.gizmodo.jp/2022/07/k855-denchi.html

Source: KOPEK JAPAN