任天堂がアニメーションスタジオを買収。「ニンテンドーピクチャーズ」を設立へ

  • 12,258

  • author James Whitbrook - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
任天堂がアニメーションスタジオを買収。「ニンテンドーピクチャーズ」を設立へ
Image: Barone Firenze / Shutterstock.com

ニンテンドーピクチャーズが誕生!

任天堂がCGアニメーションスタジオのダイナモピクチャーズを買収。子会社化して「ニンテンドーピクチャーズ」と名前を変更すると伝えられました。もともとダイナモピクチャーズはゲーム関係のアニメーションを多く手がけていた会社。ウェブアニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』シーズン2、米津玄師さんのミュージックビデオ「POP SONG」、スタジオジブリの映画『アーヤと魔女』など多岐にわたるジャンルで活躍してきた会社です。

任天堂が自社のアニメーションスタジオを所有するということは、これからゲーム以外でインハウスでアニメーションや映画などのコンテンツを作って行くと見られています。

現在、任天堂はアニメ制作会社のイルミネーションと共同で「スーパーマリオ」の映画を製作中。マリオの声は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」でおなじみのクリス・プラット。この先はもしかしたら自社で作って行くのかもしれません。噂のあった実写ドラマ「ゼルダの伝説」とか近い将来実現するかも!?

スーパーマリオのアニメーション映画、2023年春に公開延期へ

スーパーマリオの生みの親、宮本茂氏が任天堂株式会社のTwitterで発信した情報によると、「ミニオン」シリーズのアニメーション制作会社で知られるイルミネーション...

https://www.gizmodo.jp/2022/04/super-mario-movie-postponed.html