書道家が自分のサインを作ってくれる新サービスを利用してみた!

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 飯田あゆみ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
書道家が自分のサインを作ってくれる新サービスを利用してみた!
Photo: 飯田あゆみ

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

子どものころ「いつかメジャーリーガーになった時のために」「いつかアイドルになった時のために」と、人知れずせっせとサインの練習をしたことがある人って、結構多いと思います。

有名人にならなくても、現代は意外とサインの使いどころが多いもの。そんな時に「かっこいいサインが使いこなせたら」という夢を叶えてくれるプロジェクトを発見しました。その名も「速筆サイン」。

早速、お願いして私のサインを作ってもらいました!

「金の松プラン」を申し込んでみた

速筆サインreview201
Image: Sokuhitsu_Sign

「速筆サイン」には、複数のメニューが用意されています。「漢字のみ」「漢字+英字」「漢字+英字+すらすらと1秒で書ける略字」というのが主な内容。私がお願いしたのは、上の表の「松プラン」。10種類のサインをデザインしてもらえるので、その中で好きなものを自分のサインとして採用できます。

松プランの中にもさらに、納品データを「金の筆文字」で書いてもらえるという「金の松プラン」をレビューします!

速筆サインreview202
Image: Sokuhitsu_Sign

プロの書道家が私のサインを…!

速筆サインreview203
Image: Sokuhitsu_Sign

今回、サインをデザインしてくださったのは、書道家の祖父江望実先生。知人に頼まれて作ったサインが大好評で、サイン作成を始めたと言います

「こんなにも世の中の人が、オリジナルのサインを求めているのなら」と2022年、クラウドファンディングサービス「Makuake」で「速筆サイン」プロジェクトを実施してみたところ、初のクラウドファンディングにおいて総支援額26,668,000円という、驚異的な結果を達成。

その祖父江先生に実際、デザインしていただいたのが、こちら。

速筆サインreview204
Photo: 飯田あゆみ

真似をしながら練習して自分のものにする

速筆サインreview205
Photo: 飯田あゆみ

デザインされた10種類のサインのほかに「なぞり書きシート」「筆順動画」(トップ画参照)「サインの透過データ」が一緒にデータで納品されてきますので、動画を見ながら、シートでなぞり書きを繰り返し、だんだんとサインを自分のものとして仕上げていきます。

個人的にうれしかったのは、PNG形式で送られてくる透過データ。写真が趣味なので、時々ネットに載せているのですが、二次使用を防ぐためにもサインがあると便利なのです。これは、お値段以上の価値があったなあと思いました。

速筆サインreview206
Photo: 飯田あゆみ

オリジナルサインは、ペーパーレス時代の電子署名としても需要が高まっているのだそうで、複製が簡単な印影にくらべて、筆跡が真似しづらい自筆サインは、ハンコの代わりにこれからますます必要になるとのこと。この機会にぜひ、プロのデザインしたサインを使ってみてはいかがでしょう。

machi-yaで展開中のプロジェクトでは、一番手軽な蕾プラン(創作サイン1種類)で、一般販売価格24,000円がmachi-ya割50%OFFで12,000円(税込)で支援が可能です。

下記のプロジェクトページで詳細を確認の上、必要なプランを選んでエントリーしてくださいね。

>>【1秒サイン】美しい字を書くプロの“書道家”が、あなただけのサインを作成

Source: machi-ya