大人におすすめしたいレゴブロックの遊び方。「レゴマスター」になる方法とは?

  • 15,426

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
大人におすすめしたいレゴブロックの遊び方。「レゴマスター」になる方法とは?
Photo: Michael Murtaugh via Wirecutter

1つのブロックから、宇宙が広がる。

レゴって…いいですよね。最近、 レゴの「大人ブーム」が来ているようですが、その気持ちよくわかります。私も、1999 年に「スター・ウォーズ」シリーズが登場した時は、文字どおり童心にかえったものです。なんといっても、スター・ウォーズに出てくるアレやコレを自分の手で作れる喜び…。80年代に子どもだった我々世代のノスタルジーを直撃し、もうダブルドーパミン状態でした。それ以来、毎年新作が出ると2、3種類を手に取って思い出に浸るのが恒例行事になりました。

スター・ウォーズだけでなく、モンスターファイターズスクービードゥーのような、ちょっと不気味なジャンルも好きでしたね。とはいえ、私はどちらかというとカジュアルなコレクターでした。…3年ほど前までは。

コロナ禍で外出自粛となり、旅行や外食の機会が減り、洋服も買わなくなったので、お財布に余裕が出てしまったのが運のツキ。余った資金が次々とレゴに流れ、収納に困るほどコレクションが増えてしまいました。レゴはリセールバリューが高いので、罪悪感なく買うことができたのもポイント。購入するたびに「これは投資、これはセラビー、これは現実逃避…」と自分に言い聞かせていました。

というわけでこの1年間、家の中にレゴの箱がどんどん積み重なっていったわけですが、次第に羞恥心が芽生えてきました。いい年してオモチャを買いまくっているからではありません。「自分はクリエイティビティないのかも…」と不安になったからです。

レゴの醍醐味は、自分一人で1から作り上げる「これ全部自分で作ったんだ」という感覚。私もそれを満喫しているわけですが、それって傍から見ると『レゴ・ムービー』に出てくる悪い大人みたいじゃないですか?あの、子どもが自分のレゴ作品で遊ぼうとするとパニック起こす人。私には子供がいませんが、友人の子供たちが遊びに来た時に備えて「気をそらすためのレゴセット」をいくつか選んであります。そうすれば、私の凝った作品には手を出さずにいてくれますから。

でも、私は思いました。このままではいけない、と。包括的で想像力豊かなレゴの魅力を受け入れていかなければならないと決意したのです。そして私は、より良いAFOL(“Adult Fan of Lego(大人のレゴ好き)”の略)への道を歩み始めました。すると新たな発見がたくさんあるものです。多くの隠語(略語?)に愛好家コミュニティ、お買い得情報、収納方法やリセール時のヒント、バーチャル用のフリーソフトなどなど。初心者の私が紹介する情報など、経験豊富なAFOLにとっては「そんなの常識」レベルでしょう。でも、私のように今まさにレゴにハマり始めた方もいるはず。ということでここからは、より上質なコレクションの作り方、「レゴ友」の見つけ方などの入門書をお届けしたいと思います(ちなみにレゴ友に似ていますが、「レゴフレンズ」は商品名になりますのでご自身でお買い求めください)。

めくるめく、大人の「レゴ用語」

AFOLのコミュニティでは、数多くの略語やフレーズが飛び交っています。今回調査やインタビューを重ねるなかで、これまで聞いたこともないような用語をいくつも耳にしました。本記事にもチラホラ登場すると思うので、まずは「レゴ用語」基本編をご紹介します。もっと深みにハマりたい方は、こちらの用語集をどうぞ。

・AFOLの派生形:TFOL (Teen Fan of Lego)、AFFOL (Adult Female Fan of Lego)、GayFOL (Gay Fan of Lego)

・Alternate build(オルタネートビルド):特定のレゴセットのピースを使って、まったく別のものを作るための「設計図」。私が持っている”Dinosaur Fossils (恐竜の化石)21320”のピースを使うと、ドラゴンのスケルトンを作れるそうで、本編よりも先にそちらを作ろうかと思っています。ちなみにその設計図PDF(Janotechnic作)は8ドルで購入可能。

・Illegal build(イリーガル・ビルド):レゴのピースを、本来意図されていない方法で無理やり組み合わせること。別キャラの髪の毛をかぶせたり、ブロックを組み合わせて新種のピースを作ったり…。クリエイティブになるには必要な裏技かと思ってましたが、イリーガルとは!

・LUG:Lego User Groupの頭文字をとったもの。力を合わせて制作するAFOLの一団を意味します。

・RLUG:Recognized Lego User Group の略。公式のLUGという感じ。

・RLOC:Recognized Lego Online Communityの頭文字をとったもの。オンラインだけで存在するRLUG。世界中の仲間がアイデアをシェアしたり、製作コンテストを開催したりする場です。パンデミックを機にRLUGの多くがRLOCに転身せざるを得なくなりました。

・LAN:Lego Ambassador Networkの略。これはレゴ・グループの部署名で、世界中のAFOLと会社間のコミュニケーションを円滑にするための組織です。本質的には同社の「感謝プログラム」で、応募登録制になっていますが、プログラムに参加したからといって割引などのオトクがあるわけではなく、ただ「俺LANのメンバーなんだぜ」と自慢できるだけです。ちなみにLANには3つのカテゴリがあります。

・RLFM:Recognized Lego Fan Mediaの略。もしも、レゴ愛に特化したSNSやブログ、ウェブサイトを発信しているのであれば、RLFMになることで知名度アップにつながる他、プレスリリースやレビュー用の無料セットなどの特典をいち早く入手できる可能性があります。これまた金銭的な報酬はありませんが、レゴのアフィリエイト収入プログラムは誰でも申請できますので、気になる方はどうぞ。

・MOC:My Own Creationの頭文字をとったもので、読み方は「モック」。つまりは既存のセットではない、「オリジナル作品」のことです。私はこれをずっと「エムオーシー」と読んでいまして、インタビューの際に指摘されるまで間違いに気が付きませんでした。多くのAFOLがオリジナル作品を公開し、誰でも真似できるようにパーツリストや組立説明書(PDF)を販売しています。RebrickableMocsMarket,、The Brothers Brickなど、そうしたオリジナル作品を公開・説明書販売するサイトも人気です。中でも、本家レゴが主催する Lego Ideasでは、人気を集めた作品は製品化されるという究極の報酬つき。これはMOCクリエイターにはたまりません。最近の受賞作は中世の鍛冶屋や、実際に演奏できる美しいグランドピアノなどが並びます。

SigFig:自分だけの、レゴのミニフィグ。多くのAFOLがアバターとして使っています。

2
Photo: Wirecutter
Wirecutterのコナー・グロスマン氏が作った「ボトルシップ92177」。

レゴ・グループとAFOLは相思相愛

レゴ・グループにとってもAFOLは無視できない存在で、その熱烈な愛に応えるべく、さまざまなプロジェクトが実現しています。最もよく知られているのは、Foxの「レゴマスターズ(Lego Masters)」というリアリティ番組。大人がお題に沿って精巧な作品を作り、そのできを競うというもので、なんとも魅力的な番組です。さらに同社が販売するアルティメット・コレクターズ・シリーズは超高額商品で、遊ぶためというより展示向け。明らかにお子様向けではありません。700ドル(約9万6000円)の「USC インペリアルスターデストロイヤー 75252」などのモデルは、洗練されたグラフィックでパッケージもプレミアム感満載。まさに大人のためのレゴという感じ。

2020年以降、550ドル(約7万5000円)のコロシアム10276のようなAFOL向けの新作には、箱に「対象年齢18歳以上」という表示がされるようになりました。これは、「いい年してレゴなんて」という大人のためらいを拭い去り、子供たちには「大きくなったら大人用のレゴやりたい!」という憧れを抱かせるという、秀逸なマーケティング戦略だと思われます。というわけで、私はレゴ社の公式見解を聞きたくなり、今回の新たなレーティングについて質問してみました。

レゴのシニアデザイナーであるカール・メリアム氏はインタビューに対し、「当社の“大人向け戦略”の背景にあるのは、『レゴが好きでもいいんだよ、今も楽しいよ』と大人に伝えることです」と回答。彼は、「NASAアポロ・サターンV 92176」や「ホーンテッドハウス10273」などのセットを担当しており、後者には18+ラベル(Creator Expertブランドに代わるラベル)が付いています。メリアム氏はミレニアル世代がかつて遊んだAdventurersシリーズからキャラクターやセットのオマージュを取り入れており、「こんなところに、あのキャラが!」という宝探しに挑戦する動画が数多く投稿されています。

コミュニティの構築

AFOLの仲間さがしを始めたころ、私は少し不安でした。隠語が飛び交うAFOLの世界には、私のような「教科書どおり」にしか作れない人間を揶揄する略語があったりして…と。退屈な(Boring)AFOLで“BAFOL”とか言われたらどうしよう、なんて。なので、レゴマスターズのファイナリスト、ブーン・ラングストン氏にインタビューしたとき、私のことを「ピュアリスト」と称してくださったときはホッとしました。ピュアリストは、オフィシャルなレゴのパーツのみを使って作品を組み立てる人のことだそう(その逆は、ミニフィグに新しい顔を描いたり、布製のマントをカスタムメイドする人たち)。

ラングストン氏自身は、YouTubeチャンネルでの宣伝活動や自身のMOCを販売することで収入を得ています。そんな彼は「AFOLには幅広い層が存在する」と指摘。「既存のセットだけを作ってずっと飾っている人」から「何年もセットを作ったことがなく、オリジナル作品だけを手がける人」まで好みは様々で、ほとんどの人はその中間のどこかに位置するんだそう。

3
Photo: Wirecutter
Wirecutterのアンナム・スワンソン氏作の「フラワーブーケ10280」。

オンラインの世界にも多くのAFOLコミュニティが存在し、特にYouTubeには JangBricksBeyond the BrickBrick BuilderMandR Productionsといった規模の大きなグループがひしめいています。彼らのチャンネル再生回数と登録者数は総計で数百万人にのぼり、コンテンツも非常におもしろくてためになるものです。ただ、動画を見ているとすぐに「男性ばっかりだな」と気づきます。

私は、もっと多様でユニークな視点を持つチャンネルを探したいと思いました。また、オーディエンスが多すぎず、初心者のAFOLが友達を作りやすいようなチャンネル…つまりコメント欄やライブ配信中にホストやほかのファンと会話をするチャンスがあるようなチャンネルを探しました。そこで見つけたのが、Emmasaurusと名乗る女性のチャンネル。彼女もレゴ愛好家ですが、ニンジャゴーシティといったレゴのオリジナルシリーズと、マーベルやスター・ウォーズなどのライセンス供与型レゴセットと、1ブロックあたりの価格はどちらがどれだけ高いか、数学的観点からディープに調べている方です。その動画はグラフや表が満載ですが、導き出された結果は誰もが予想するとおり「オリジナルのほうが安い」という事でした。ただ、彼女の方法論自体には感心させられました。

別のAFOLユーチューバ、チナ・キャンベル氏にも話を聞いてみました。CCの名でレゴ系チャンネル”Cafe Corner”を運営する彼女にインタビューしたのは、すでに飽和状態の分野で実績をあげている秘訣を肌で感じたかったからです。ちなみに、彼女はAmazonとZavviのアフィリエイト・リンクで収入を得ています。「これまで、この分野には女性があまりいませんでした。でも、それが今変化していると思いますし、本当に皆さんに応援していただいています。私は、皆がなんとなく避けているようなトピックを取りあげるようにしています。とはいえ、あえて物議を醸すようなトピックばかりを選んでいるわけではありません」。

彼女は最近RLFMに申請したとのことですが、自身のチャンネルの目的は「レゴを愛し、楽しむことに人種や性別は関係ない」と伝えることだとLANに語っています。YouTubeの動画にはストップモーションでレゴを組み立てるのではなく、カメラに向かって話すような動画が多いと彼女はいいます。

キャンベル氏は、自分自身に近いSigFigを見つけるのにも苦労したそう。最終的には友人が作ってくれたバーチャルなものを使ったとのことですが、「ライセンス供与されたテーマ以外で、レゴは有色のミニフィグをあまり作っていません」と、彼女はある動画で語っています。「これはレゴの問題ではなく、ハリウッドの問題といえます。黒人や褐色の俳優が主人公の映画が多くないので、レゴのセットにも登場しないのです。別に、黄色いミニフィグに反対しているわけではないんですけど」。彼女はアイアンハートアメリカ・チャベスといったBIPOC(黒人、先住民、有色人種の略)スーパーヒーローのために、オリジナルのレゴパーツを使ってミニフィグをカスタマイズ製作しています。

レゴストアの“Build a Minifigure”では、オリジナルのミニフィグを作ることができますが、そこで肌の色を選べるようにすることをキャンベル氏は提案しています。ハリウッドの表現がSigFigの多様性にも影響しているのは否定できません。スター・ウォーズシリーズのセットにはエキストラ役のミニフィグキャラクターがたくさんいるので、ここにBIPOCのキャラを投入するのも1つの手です。これらのミニフィグは取り外し可能なヘルメットを装着し、中の人の顔が見えるようになっています。反乱軍の兵士や将校、レジスタンス宇宙軍の兵士、帝国軍の兵士や将校、パイロット、技術者などなど、役者には事欠きません。2021年6月のリリース時には228体のエキストラのうち、黒人は5人(ファースト・オーダーのクルー2体、艦隊のエンジニア/ガンナー、ナブーの警備員、ベスピンの警備員)しかいませんでした。

20210528_LegoSkinColors_PieChart
Image: Wirecutter


20210528_LegoSkinColors_PieChart(1)
Image: Wirecutter


しかし、ごく短い期間に多くのポジティブな変化がありました。2022年5月の時点で、レゴは複数のセットに14種類の無名エキストラのミニフィグを入れていますが、そのうち6人は「ライトヌガー」(白人の肌色を表す同社の社内用語)ヘッドで、残りの8人はダークトーンに。無名キャラクターの過半数が多様性を反映していることになり、これはちょっと興奮しました。

LGBTQ+のコミュニティにも同じ志を持つ仲間がいないかと探していたところ、41カ国以上のメンバーを有するGayFOLsの非公開Facebookグループに出会い、参加することに。ここでもミニフィグの多様性は話題になることが多く、それは投稿された数々のMOCにも表現されています。

6
Photo: El Dinh
ホルモン補充療法用品の収納ケース。(作:@legoactivism)

レゴのお財布事情

ハマり具合にもよりますが、レゴ集めという趣味にはかなりお金がかかります。新品のスター・ウォーズ関連セットは800ドル(約11万1000円)もしますし、生産終了したセットなどは価格が爆上がりすることも少なくありません。この記事を執筆中も、Amazonでスター・ウォーズのアルティメット・コレクター・シリーズTIEインターセプター7181が1,899.99ドル(約26万4000円)で出品されていました。箱なしで。オンライン上には、レゴセットの現在の価値と、将来的な価値を予想するサイト (BrickEconomy)まで存在します。フランスの警察はレゴの国際窃盗団を追っているといいますから、かなり過熱しているのがわかりますね。

世界最大の中古レゴ市場 Bricklinkには70カ国から1万名を超える再販業者が参入しています。ここには新旧のセットはもちろんルースブロック(あまりものや単品のブロック)、ステッカーシート、ミニフィグ、ビンテージカタログ、オリジナルのレゴセットおよびMOCの組立説明書がずらりと並んでいます。この事業は2019年にレゴ・グループに買収され、「中古市場でも儲ける気!?」と多くのAFOLの間で物議を醸しました。同サイトが、シンプルにユーザーデータの宝庫だという指摘もあります。レゴ・グループはその目的について、「AFOLとの関係を強化するため」だと述べています。私個人的には、Bricklinkのウェブデザインが改善するといいな…と切に願っています。正直、そのユーザーインターフェースは2x4のブロックが散乱した床を裸足で歩くのと同じくらい苦痛だったので…。

レゴの上手な買い方

・Lego.comで買う

まずは、王道から。無料のVIPプログラムのメンバーになると、買い物やアンケート回答、SNS投稿などでポイントを貯め、点数に応じて無料の季節限定/プロモーションセットを入手したり、割引やレゴランドのチケットなどの特典を受けることができます。入手困難なセット(生産終了していないもの)がサイト上で在庫切れになっていても、郵便番号などを入力すれば最寄りのレゴストアに在庫があるかどうか確認可能。商品があれば、店舗に連絡して確保してもらうこともできます(確保期間は1日)。ユーチューバのTD Bricksは、レゴの量り売り(ピック・ア・ブリック)を最大限に活用するポイントを紹介しています。

・量販店や地元の小売店

もちろん大手の量販店は品ぞろえが豊富ですし、特典が得られることもあるでしょう。でも、町の小さなおもちゃ屋さんやオンラインの小売店、アウトレットなどで掘り出し物に出会えることも少なくありません。どこでどんな出会いがあるかわかりませんから、色々な形態のショップを覗いてみてください。

Bricklink

前述したように、インターフェースはイマイチで、価格も決して安くはありませんが、掘り続けてみてください。先日、私は生産終了した未開封の2014年製”Sandcrawler75059”を発見しました。しかも、小売価格と同じ値段です。

Ebay

生産終了したものや、入手困難なセットがダフ屋によって超高額で出品されていることもしばしば。しかし、オークションでならまだまだお買い得品を見つけることもできます。やり方としては、自分が払ってもいいと思う金額よりもほんの数セントだけ高く価格設定すること。他の人の最高入札額が135.50ドル(約1万8800円)なら、端数ぶんだけ高いあなたの136.78(約1万9000円)ドルが落札価格になる可能性があります。オークションは生き物ですから、何が起こるかわかりません。最後の1秒まで目を離さないようにしましょう。

あと、自制心も大事。これがだめでも、また次のチャンスが巡ってきます。つい煽られて、せっかくのレゴセットを「こんなものに大枚はたいてしまった…」と泣きながら製作することになったら本末転倒。また、中古品を落札する場合は説明書きをよく読み、不足している部品や機能がないかしっかり確認しましょう。もちろん、出品者のレビューもチェックすべし。注文した商品が届いたら、しっかりクリーニングすると安心です。

Brick Owl

Bricklinkよりずっと小さいオンラインマーケットプレイスですが、比較検討やレアもの発見の場としては最適です。

Bricks & Minifigs

レゴ・マスターズのファイナリストであるブーン・ラングストン氏が、はじめてルースブロックを購入したのが、ここの実店舗だったそう。新品と中古の両方を扱っています。

・コンベンション(大会等)

パンデミック以後、大規模なイベント等は休止しています。しかし、平時には1年中あちこちでAFOLがMOCを披露したり、ファンがレゴのデザイナーと会うことができるコンベンションが開催されます。最も大きなものは、BrickworldBrickUniverseで、大都市から地方まで広くイベントを催しています。シアトルにはBrickConがあります。TheBrickBlogger.comによると、特に初日は多くのベンダーがレゴ製品を販売し、品ぞろえも豊富だそう。ただ、お得に買いたいなら最終日がおすすめ。店じまい前の在庫処分で安売りすることも多いので、要チェックです。

・ルースブロックを大量購入

eBayやEtsy、フリーマーケット、古着屋、中学生になった甥や姪(TFOL以外)など、あまりものやセットを分解してできたルースブロックはさまざまなルートで入手できます。価格も、中身も、実にさまざま。

2020年、コレクターのネイサン・マスターズ氏は自身が購入したレゴの価格を分析。1ポンド(約454g)あたりのルースピースの価値を割り出し、Brickset.comに投稿しています。レゴのピースは形も重さも多岐にわたっているので、同じ重量でも何個のピースが含まれているか、正確な平均値を割り出すのは大変な作業です。標準的なレートを設定することは、ほぼ不可能だそう。

マスターズ氏はとりあえず過去20回で購入したブロックを、1ポンドで大体300から600ピースと推定。すると、レゴピースの価格は1ポンド3ドル(約416円)から10ドル(約1,390円)に。マスターズ氏がレゴをどこで購入したがはわかりませんが、この記事を書いている時点でeBayをざっと調べたところ、ある出品者はクリーニング済みのルースピース10ポンドのレゴを150ドル(約2万800円)で販売しており、ルースピースを大量買いするのは意外と割高だと判明しました。ちなみにミニフィグ込みで1ポンド25ドル(約3,470円)で販売している出品者もいました。ミニフィグが入っているだけで10ドルも高くなるなんて、そんなにプレミアムなミニフィグあるのかしら。

サブスクリプションサービス

ブロック版Netflixというのは、セットを組み立ててちょっとの間飾ったら、また次に組み立てたくなるまで箱にしまっておく…という方には魅力的でしょう。ただ、残念ながら Netbricks.bizTheMinifigClub.comなど、レゴ・グループと無関係のサービスについては否定的なレビューが目につきます。

レゴでお金持ちになれる?

レゴセットはリセールバリューが高いので、空になったお財布をもう一度満たすことはむずかしくありません。ただ、実際に自分のレゴを売るとなると、ちょっと複雑。もちろん転売や価格つり上げといった行為は道徳的にもNGでしょう。正直、フリーランスの仕事の隙間を、過去に衝動買いしたレゴセットが埋めてくれ事はありますが、法外な値段でeBayに出品することはないですね。そんなことをしなくてもeBayのオークションで平均価格よりも高い値段で落札されたことはありますし、まずはセラーとしての信頼を確立することが一番大切です。そのために、購入者には実際に組み立ててみて、不備がなかったらその旨フィードバックを残してもらうようお願いしています。

もっと「誰かの役に立ちたい!」とお考えなら、古いレゴセットをレゴ・グループのRePlayプログラムに寄付するのも名案です。このプログラムでは、ブロックを分類・クリーニングしたのちに、Teach for AmericaやBoys & Girls Clubs of Bostonなどの団体に寄付しています。

7
Photo: Wirecutter
BFOLS=Beatles Fans of Lego? ?Wirecutterのシニアエンジニアリングマネージャーエリック・エリクソン氏作「Yellow Submarine 21306」。

レゴのクリーニング、分類、保管方法

レゴのピースを掃除し、ペットの毛や(謎の)ベタつきや皮脂を落としたら、次はコレクションを分解してパーツを分類し、綺麗に保管する必要があります。

ブロックを分類する

レゴセットは1ピースでも欠けると、2度と作品を完成させることはできません。ですから、バラバラにしたセットのピースをきちんと分類し、保管するのはとても重要です。まず、レゴピースを分類する方法は大きく2つあります。「」もしくは「カテゴリー」のどちらかです。これは完全に好みの問題になりますが、私が話を聞いた人たち、特にオンラインのレゴ専門家は「コレクションの規模によって変わる」と口を揃えます。

カール・メリアム氏は私に「5,000ピース以下であれば、まずは(カテゴリ別にしなくても)色別に分類すれば問題ないでしょう」と教えてくれました。

BrickArchitect.com では、3,000ピース以上になったらカテゴリ別に分類を始め、1万ピースを超えたらさらにブロック、プレート、タイルなどと細分化したほうがいいとしています。確かに、1×2の赤いパーツを探すには、色違いのブロック中から探す方が、同じ色のブロックの中から見つけるよりもずっと簡単ですよね。

コレクションが5万個を超えたら、例えば2×2ブロックの単色だけを集めたビンを作る、というようにさらにカテゴリを細かく分類することになるでしょう。ただ、レゴマスターズのファイナリストであるブーン・ラングストン氏は「分類方法は、あなたの脳の働き方をサポートするものであるべき」と言います。BrickArchitect.comにはさまざまな分類方法を細かく掲載してくれているので、今の方法がどうもうまくいかない…という方は是非チェックしてみてください。見違えるように整理整頓が進むかもしれませんよ。その際は、ぜひコメントにも注目してください。多くのAFOLが独自の仕分けシステムを紹介していたりしますので。

ブロックを収納する

レゴの収納方法もまた、個人の好みによるところがあります。もちろん、スペースの問題にも左右されます。YouTuberの中には、小さな棚や瓶でいっぱいの巨大な保管庫を披露する人が後を絶ちません。たとえば、アリス・フィンチ氏の400万ピースを超えるコレクションが整然と並ぶ姿はなかなか圧巻です。「大金をはたいて立派な収納システムを導入する人もいます。それはそれで素晴らしいですし、うまくいく人もいます」とラングストン氏は言います。しかし、「同じお金があったらもっとも多くのパーツを買いたいですね。それを家具に使うなんて耐えられません」とのこと。彼は、1ドルで購入したSterilite製6リットルボックスや、自作したりタダで手に入れた棚を使っており、とても気に入ってるそう。

AFOLやTFOLのYouTube動画でよく見かける収納システムは、主に2種類。1つはIKEAのKallaxのようなモジュール式の棚で、組み立てたセットやMOCをディスプレイするのに使われます。そしてルースピース用には、大人気のAkro-Mils 44 drawer 10144のようなプラスチック製の棚が主流派です。

ただ、シニアスタッフ・ライターのダグ・マホーニー氏は「(Akro-Mils 44 drawer 10144の)引き出しはストッパーがついていないので、引っこ抜けてしまいます。棚自体も非常に軽いです」と忠告しています。この棚はもともとも子どものレゴお片付け用に購入しましたが、うまくいかず、今ではガレージでハードウェア入れとして使っているとのこと。「棚がひっくり返ったら、引き出しの中身を床一面にぶちまけることになります」。この場合、一番下の引き出しに小さな重りを入れておけば、ずいぶん倒れにくくなりますし、引き出しを最後まで引き出せるのは、特定のパーツを探す際に作業しやすいというメリットもあります。さらに慎重を期すためには、壁に固定するためのアイテムを使うといいでしょう。

BrickArchitect.comではラベルを無料でダウンロードできるので、引き出しに貼っておけばどこに何があるか一目瞭然です。どこに何があるのか一目瞭然です。Wirecutterでもご紹介した各種ラベルメーカー(ブラザーPT-D450など)と互換性がありますが、自分で紙に書いてセロテープで貼るだけでもまったく問題ないでしょう。

ブロックを使わずにレゴを楽しむ

今私がハマっているのが、Bricklinkの無料のデザインプログラムで、デジタルMOCを製作できる“Studioです。現実の作品製作に必要なブロックを注文したり、自分のデザインを公開することもできるほか、ショッピングカート機能で必要なブロックを自動収集することもできます。ちなみに、AppleデバイスでStudioをダウンロードしようとすると「悪意あるソフトウェアの可能性があるため、開けません」なんて怖いエラーメッセージが出ることもあります。当社のプライバシー・セキュリティ編集者のトリン・クロソウスキー氏によると、Appleストアで扱っていないアプリや、大手デベロッパ以外の製品にはよくあることだそう。コントロールボタンを押しながら開くと、問題が解決するでしょう。

Studioは確かに不具合も少なくありませんが、私のようにMicrosoft WordとInDesignを少しかじった程度の知識でも、かなりスムーズに扱えるはず。レゴ独特の手触りは失われますが、ブロックが家中に溢れることもなくなりますし、無限のバーチャルブロックを自由に使えるのはとっても楽しいです。趣味にお金をあまりかけられない人にとって、Studioは少ない投資でMOCを楽しめる最適な選択肢といえます。

サステナビリティとレゴの未来

レゴ・グループは、2025年までにすべてのパッケージを持続可能なものにし、2030年までにすべてのレゴブロックを持続可能な資源から作るという目標を掲げています。“Botanical Collection”や“Lego Ideas Tree House”などのセットには、すでに植物由来の材料(サトウキビ由来のポリエチレン)が使用されています。確かにこの取り組みは高く評価できますが、この種の企業誓約は追跡や検証が困難な場合もしばしば。レゴ・グループは毎年進捗報告書を発行していますが、これは大企業には珍しくありません。それより注目したいのは、レゴの目標はNPO法人 Science Based Targetsから認められているということ。この団体は、 企業が温室効果ガス排出量を削減するための明確に定義された科学に基づく道筋を設定する際の支援を行っています。それも、科学的根拠に基づき、明確に定義されたものです。

きっとレゴはより良い未来を築いてくれるはず。き明確に定義された道筋を設定することを支援しています。レゴはきっとより良い未来を「組み立てる」ことができる、少なくとも役立つことができる。私はそう期待しています。

WAFOL(Wirecutter Adult Fans of Lego)が選ぶ、生産終了・入手困難な作品たち

81
Photo: Wirecutter
Wirecutter監修編集者ジョシュア・リオン氏作「レゴ盆栽ツリー10281」(レゴショップで購入した緑を追加)。


82
Photo: Wirecutter
Wirecutter監修編集者マリリン・オング作:「レゴ Nintendo Entertainment System 71374」。


83
Photo: Wirecutter
ジョシュア・リオン氏作:「Lego Scooby-Doo The Mystery Machine 75902」


84
Photo: Wirecutter
ジョシュア・リオン作「レゴ くまのプーさん 21326」


85
Photo: Wirecutter
エリック・エリクソン作「Lego Ghostbusters Ecto-1 10274」、「Lego Ghostbusters Peter Venkman and Slimer 41622」など


86
Photo: Wirecutter
エリック・エリクソン氏作「Lego The Louvre 21024」


87
Photo: Wirecutter
エリック・エリクソン氏作「Iron Giant MOC」


88
Photo: Wirecutter
エリック・エリクソン氏作「The Princess Bride Skyline MOC」


89
Photo: Wirecutter
ジョシュア・リオン氏作「Lego Imperial Probe Droid 75306」


891
Photo: Wirecutter
エリック・エリクソン氏作「Lego Assembly Square 10255」



892
Photo: Wirecutter
エリック・エリクソン氏作「Lego Detective's Office 10246」、「Lego Bookshop 10270」


893
Photo: Wirecutter
エリック・エリクソン氏作「Lego 1989 Batmobile 76139」


894
Photo: Wirecutter
Wirecutter監修編集者アドリエンヌ・マックスウェル氏作「Lego Treehouse 21318」


895
Photo: Wirecutter
エリック・エリクソン氏作「Lego Corner Garage 10264」


896
Photo: Wirecutter
エリック・エリクソン氏作「Lego Voltron 21311」


897
Photo: Wirecutter
エリック・エリクソン氏作「Lego Haunted House 10273」


898
Photo: Wirecutter
エリック・エリクソン氏作「Lego 1989 76161 Batwing」


899
Photo: Wirecutter
ジョシュア・リオン氏作「Lego Sandcrawler 75059」


8991
Photo: Wirecutter
エリック・エリクソン氏作「Lego Downtown Diner 10260」、「Lego Miscroscale Brand Store 40305」


8992
Photo: Wirecutter
エリック・エリクソン氏作「Lego Detective's Office 10246」


8993
Photo: Wirecutter
Wirecutterエグゼクティブ財務ディレクター、パメラ・ドライフーズ氏作「Lego Hogwarts Castle 71043」


8994
Photo: Wirecutter
エリック・エリクソン氏作「Lego Sesame Street 21324」


8995
Photo: Wirecutter
ジョシュア・リオン氏作「Lego Star Wars Darth Vader's Catsle 75251 」


※表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。
©2022 WIRECUTTER, INC. A NEW YORK TIMES COMPANY.