ポタ電は「エモさ」を手に入れた。生活の中で楽しめるポタ電、エレコムから

  • 8,753

  • author 小暮ひさのり
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ポタ電は「エモさ」を手に入れた。生活の中で楽しめるポタ電、エレコムから
Image: ELECOM

ポータブル電源がある生活を。

最近人気のポータブル電源、縮めて「ポタ電」。どこでも家庭用電源を使えたり、大容量でスマホやタブレット、PCを充電できるとあって、最近はキャンプやワーケーション、非常用の電源として人気ですよね。

そんな人気ジャンルに、エレコムも参戦。

「DE-P02DBU」という容量196.6Whで合計85W出力というコンパクトポタ電を送り出してきました。これがまた、これまでにないコンセプトなんですよ!

まず、この動画見て!

Video: エレコム株式会社/YouTube

エンモッ!

流行りだからとりあえず作ってみました〜。ではなく、コンセプトと利用シーンと行動原理がしっかりとプロダクトに反映されていて、美しさすら感じます。

2022-08-17elek03
Image: エレコム

これまでいろんなポタ電を紹介するときに「日常生活の中で使ってもいいですね」なんて言ってきたけど、冷静に考えて、自宅のデスクに置くならこっちを選びたくなるよね。デザインって大事だなぁ。

2022-08-17elek02
Image: ELECOM

「引き出してランタンになる」っていうアプローチもすごくないですか?

これまでのポタ電って「あると便利だからLED付けときました!」と、義務感的にLED照明が備わっていたけど、こうして実際の利用シーンに沿って実用的なデザインで実装。

さらに、「引き出す」っていう動作を加えることで、自分が使った時の様子を想像させてくれるのが、ほんとーーーーにスゴイ! だって、僕自宅大好きっ子だけど、思わずこれ持ってキャンプ行きたくなったもん。

Amazonでは予約が始まってます

DE-P02DBUの発売日は8月19日ですが、Amazonでは予約が始まっています。価格は5万3086円

それなりに値段は張りますけど、真に日常使いできる相棒として、コイツと一緒の生活を想像したくなるのは、きっと僕だけじゃないと思うの。

節電が叫ばれている今こそポタ電の出番だ!

東京電力エリアでは「電力受給ひっ迫注意報」が発令。無理のない範囲での節電が呼びかけられています。さすがにこの酷暑のなかでエアコンオフは無理だし、PCをオフにして...

https://www.gizmodo.jp/2022/06/setsuden-portable-dengen.html

Source: ELECOM