Facebookのデータが示す「お金持ちの友達がいると自分もお金持ちになれる」説

  • 11,003

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Facebookのデータが示す「お金持ちの友達がいると自分もお金持ちになれる」説
エリアごとの経済的なつながりを示した全米地図
Image: Meta

おかねだいじ。

なんとなーくそんな世界な気がしてましたが、データで見てもそうなんですね。お金持ちのお友達がいると、自分もお金持ちになる可能性が高いんですって。

人との関わり方で未来の収入が変わる?

ハーバード大学のNPO団体Opportunity Insightsの研究チームが、7200万人分のFacebookユーザーデータから、社会事情が経済モビリティにもたらす影響を調査し、Natureに2本のレポートを公開しています。

1本目のレポートでは、所得差のある人たちのつながりに着目。低収入の家庭の子が、近しい高収入の家に育った友人がいる場合、成長し大人になったときに収入が増えることが多いとしています。2本目ではこれをさらに掘り下げ、収入格差のある人々の社会的交流についてリサーチ。格差を超えた人間関係は、経済的結果という点においては、家族のあり方や学校の質、人種コミュニティよりも大きな影響があるといいます。レポートでは、将来の経済的成長には、ただ一緒にいるだけでなく、実際に近しい友人となる必要があるとしており、お互いに興味を持ち、積極的に関わらないとダメなんですって。

今回のリサーチで調査対象となったのは、少なくとも100人以上のFacebookフレンドがおり、過去30日以内にFacebookで何らかのアクションがあったユーザー。研究チームの予測では、84%が25〜44歳のアメリカ人となっています。Facebookで取得できるユーザーデータ(郵便番号、学歴、使用スマホモデルなど)から、ユーザーの収入を予測(ちなみに、名前はデータ取得しておらず)。

地域の収入は、前年の税金状況などから予測しました。その結果、収入格差ある人とのつながりが多い地域は、より全体の収入が高いことがわかりました。また、地域によって人との関わり方にも違いがあり、収入の低い地域はご近所で友人を作りがちなのに対し、高い地域は親しい友人とは大学などエリアの外で出会うことが多いといいます。実際に大学に進学するのは、アッパーミドル層から富裕層が増えていることを思えば納得いきます。

教育の現場では、ダイバーシティ色の強いマンモス校では、収入格差間のつながりは低いこともわかりました。これは、多様な人種が存在するコミュニティでも同様で、人種という強い意識のもとコミュニティが分かれてしまい、クロスコミュニティとして発展するのが難しいことを示唆しています(今回の調査では、活用されたユーザーデータに人種はなかったので、あくまでも地域というぼんやりしたデータによるものではあるのですが)。

Metaはデータの学術活用に意欲的

Facebookを傘下に持つMetaは、今回のようにユーザーデータを活用した研究を大歓迎。Metaのグローバル情勢担当Nick Clegg氏は、Metaの膨大かつ貴重なデータは、「責任を持って共有されれば、大規模な社会研究に非常に役に立つ」とコメントしており、プラットフォームData for Goodを通して、今回の調査に使われたデータも公開する予定だとしています。

Facebookは学術的調査にデータを提供する意欲を見せる一方で、自身に不利になる調査、例えばユーザー行動に関するものなどに対しては後ろ向きです。実際に政治広告やコロナに関する不確かな情報を調査していたニューヨーク大学のある研究チームは、Facebookからブロックされています。今回のOpportunity Insights研究チームの調査では、大活躍したFacebookデータ。今後、より公平にさまざまな社会調査に、データに責任を持って活用されるといいですね。

ソーシャルメディアはわたしたちの心にどう影響したのか?

SNS含めソーシャルメディアを見ない・使わない日はないと言っても過言ではない現代社会。改めて、自分の生活に、ひいては心にどう影響しているかと言われても、あまり...

https://www.gizmodo.jp/2021/09/giz-ask-how-has-social-media-impacted-our-mental-health.html