ライカをあのBAPEがジャック。グラフィティ&迷彩柄のストリート&ラグジュアリーな「D-LUX 7」登場

  • 6,212

  • author 照沼健太
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ライカをあのBAPEがジャック。グラフィティ&迷彩柄のストリート&ラグジュアリーな「D-LUX 7」登場
Image: Leica

ライカとストリート、相性バツグン。

ライカが「ストリート写真、ストリートファッション、ストリートアートの融合」をコンセプトとした特別限定モデル「ライカD-LUX 7 “A BATHING APE® x STASH”」を発表しました。

ドイツが誇る高級カメラブランド「ライカ」のシンプルなデザインに、東京発のファッションブランド「A BATHING APE®」の定番パターンである「ABC CAMO」、アメリカのグラフィティアーティストSTASH(スタッシュ)によるタグが組み合わされた、3カ国にわたるコラボレーション。

これが意外な組み合わせのようでいて、なんとも魅力的なマッチングを見せています。

考えてみれば、ライカはフィルム時代からストリートフォトを切り開いた先駆者。さらに近年はルイ・ヴィトンを筆頭にハイブランドとストリートのコラボは定番となりつつありますからね。

leica_bape_2
Image: Leica

自身もライカユーザーだというSTASHは、本コラボに次のようなコメントを寄せています。

私がグラフィティの活動を始めた1980年代初頭には、“ストリートアート”という言葉はまだ存在していませんでした。その後、地下鉄のトンネルや駅から活動の場を広げてようやく日の目を浴びるようになったのです。自身の作品を写真で記録することも、自らのクリエイティビティの一部でした。デジタルカメラの登場をきっかけに、私も初めてライカを手に入れました。

(グラフィティと写真とファッションの類似点について)色をベースにしたビジュアル表現で、自由度が高いという点が同じです。若い世代が中心になって牽引している分野であるのも共通していると思います。そして、互いにクリエイティブな要素が大いに関連し合っていて、ひとつの分野のストーリーが他の2つの分野から影響を受けて完成しているような感覚です。

leica_bape_3
Image: Leica
特別限定モデル「ライカD-LUX 7 “A BATHING APE® x STASH”」ブラック
leica_bape_4
Image: Leica
特別限定モデル「ライカD-LUX 7 “A BATHING APE® x STASH”」シルバー

「ライカD-LUX 7 “A BATHING APE® x STASH”」のカラーバリエーションはブラックとシルバーの2種類。

デザイン以外の仕様は通常モデルの「ライカD-LUX 7 」と同様。4/3インチ高感度MOSセンサーと、35mm判換算で24~75mm相当のズームレンズを搭載した高性能コンデジです。

……ですが、なんと付属品もコラボオリジナルが用意されています。これはアツい。というか、ブラックとシルバーどっちも欲しくなってしまいそう。

ブラックは、ライカストア、ライカオンラインストアおよびライカブティックにて2022年8月27日(土)より発売。シルバーはA BATHING APE®︎ 正規取扱店舗およびBAPE.COM WEB STOREにて2022年8月20日(土)発売予定。

金額は258,500円(税込)ですが、早くもライカオンラインストアでは完売の模様。

気になる方は早めにチェックしたほうが良さそうです。

Source: Leica