宇宙でも手術ができる。超遠隔手術ロボットが2024年にISSで実験予定

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
宇宙でも手術ができる。超遠隔手術ロボットが2024年にISSで実験予定
2ポンド(約900g)のロボットは低侵襲で、外科医は遠隔で宇宙での作業を行えるようになります

宇宙で遠隔手術する未来。

ネブラスカ大学リンカーン校と医療テック企業Virtual Incision社が開発した手術支援ロボットが、国際宇宙ステーション(ISS)でテストされることになりました。また、NASAは同大学に10万ドルの補助金を出しています。

宇宙で手術するロボット「MIRA」

NASAには宇宙飛行の今後に向けて壮大な計画があり、宇宙で手術を行うことにも関心を示しています。ネブラスカ大学リンカーン校に10万ドルの補助金を支給したのもそのためです。この資金は、手術支援ロボットを2024年にISSで実施するテストへと備えるために使われます。

ロボットはMIRA(miniaturized in-vivo robotic assistantの略)という名称で、宇宙での医療処置を行う、非侵襲的な方法として外科医による遠隔操作が可能。MIRAはネブラスカ大学リンカーン校と、同大学のネブラスカ・イノベーション・キャンパスを拠点とする医療テックのスタートアップVirtual Incision社との合同事業になります。

Virtual Incision社のCEO、John Murphy氏は同社のプレスリリースの中で、「Virtual IncisionのMIRAプラットフォームは、地球上のどんな手術室でもRAS(ロボット支援手術)を利用可能にするということを目標に、小型化したロボット支援手術デバイスの力を届けるために設計されました」とコメントしています。「宇宙ステーションでのNASAとの作業で、たとえもっとも遠い場所でもMIRAによって手術を受けられる方法をテストします」とのこと。

開発はこれからが本番

ISSへの乗船は大きな一歩ですが、MIRAは今すぐに人体での実証実験を行なうわけではありません。代わりに電子レンジほど大きさの箱の中で、模擬生体組織を切ったり針金に沿って輪っかを動かしたりするそう。

今後1年かけて、工学の教授でVirtual Incision社の共同創業者Shane Farritor氏(MIRA開発者の一人)と大学院生Rachael Wagner氏がソフトウェアを作り、MIRAがISSへの打ち上げに持ち堪えられるよう実験を重ねていく予定。これまでに行なった実験では、引退した宇宙飛行士Clayton Anderson氏が900マイル(1448km)離れた場所からMIRAに指示を出して、手術のようなタスクを実行させたこともあります。

MIRAをISSに打ち上げるだけでも十分興味深いですが、NASAが宇宙空間での医療処置を想定して動いているという点も興味深いかと。国際的かつ民間パートナーとの月周回有人拠点「ゲートウェイ」を発表していますから、宇宙での速やかな医療処置は命を脅かすような事故があった場合の最優先事項となります。

Source: University of Nebraska-Lincoln, Virtual Incision,