全クリエイター注目! XRの新たな才能をディグするアワード「NEWVIEW AWARDS 2022」が熱い

  • author 巽英俊
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
全クリエイター注目! XRの新たな才能をディグするアワード「NEWVIEW AWARDS 2022」が熱い
Image: NEWVIEW AWARDS 2022

XRクリエイターの頂点を目指せ!

ヘッドセットなどの普及で、わかりやすい形でわれわれの生活にもぬるっと浸透してきた仮想世界。VR(=Virtual Reality・仮想現実)、AR(=Augmented Reality・拡張現実)、MR(=Mixed Reality・複合現実)といった技術を総称するXR(Cross Reality)は、現実と仮想のシームレスな融合によって新しい世界を作り出す技術を総称する言葉です。

ゲームやアニメなどのエンタメ系だけでなく、たとえばビルの完成イメージを立体化したり、遠隔地とのリモート会議に活用したりと、ビジネスシーンでもその可能性は注目されています。

新たなXRクリエイターを世に送り出す

XR分野において優れたクリエイターを発掘してきた実績があるアワードが「NEWVIEW AWARDS」。今年もファッション/カルチャー/アート分野のXRコンテンツを対象とした「NEWVIEW AWARDS 2022」が、新たな作品の募集を開始しました。このアワードを主催する「NEWVIEW PROJECT」は、XR技術を駆使したイベント開催、XRアートスクール「NEWVIEW SCHOOL」などを展開し、さまざまな形でクリエイターのバックアップをしています。このアワードも今年で5年目を迎えますが、過去4年で世界17カ国から計774作品のエントリーがあったそうです。

応募条件としては、VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を使って制作・公開されたコンテンツ作品が対象。制作プロセスにおいてSTYLY以外のツール(3DCG、ゲームエンジン、DAWなど)を利用するのはOKで、既発表の作品でも応募可能です。STYLYの使い方はこちらを参照してみてください。

今年のテーマは「Create a Melting Reality」。まずは雰囲気を知るべく、アワードのオープニングムービーを見てみましょう。

Video: Psychic VR Lab / YouTube

トップクリエイターたちとのコラボ制作も

01_jurypresident_NaohiroUkawa_square
審査委員長の宇川直宏氏
Image: NEWVIEW AWARDS 2022

審査委員長には昨年に引き続き、日々の配信でカルチャー好きの頭を刺激しているDOMMUNE主宰の鬼才・宇川直宏氏が就任。そのほかの審査員もDJ・音楽プロデューサーのShinichi Osawa氏、GRAPH代表取締役の北川一成氏、上海を拠点とするマルチメディアアーティストのLu Yang氏、トロントで活躍するデジタルアニメクリエイターのNick den Boer氏、キズナアイのAIキャラ「#kzn」(キズナちゃん)のクリエイティブチームKizuna AI Inc.など、第一線のクリエイターたちが名を連ねます。入賞者には、こうしたクリエイターたちとコラボ作品制作できる機会も提供されます。

大賞にあたる「GRAND Prize」受賞者には、制作支援金として最大1万ドル(約135万円)が提供されます。そのほかにさまざまな部門賞も設けられていますが、注目としては「ULTRA IDEA Prize」という賞が設けられたこと。これは技術力よりも、ユニークなアイデアと表現のみを重視するもの。STYLYに搭載されているギミックをうまく使って、シンプルで鮮烈なアイデアを表現することがポイントです。STYLYは簡単にアニメーションの設定などができるので、プログラミングに詳しくない人でも操作できるはず。受賞者は「NEWVIEW SCHOOL」2023年度の講座を受けることができるので、技術力はまだないけどXRクリエイターを目指したいって人も、チャレンジしてみる価値はきっとあるはずです。

XR技術がさらに進化していけば、立体映像のグラフィックも本物と見分けがつかないレベルに進化したり、触感などのリアルな表現もできるようになったりと、SF映画のような暮らしがやってくるのかもしれません。この波に早く乗ることで、クリエイターたちにとっても大きなチャンスでが広がるでしょうし、作品制作を手がけている人は注目すべきアワードであることは間違いありません。まずは公式サイトをチェックしてみてください。

・募集期間: 2022年10月31日(月)12:00(日本時間正午)まで

・一次審査結果発表(ファイナリスト作品選出予定):2022年11月下旬予定

・最終審査結果発表・授賞式:2022年12月中旬予定

公式サイト https://newview.design/awards

Source: NEWVIEW AWARDS 2022