雲の上のような走り心地。高いクッション性と爆発的な蹴り出しを実現したOn「Cloudgo(クラウドゴー)」

  • author 山田ちとら
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
雲の上のような走り心地。高いクッション性と爆発的な蹴り出しを実現したOn「Cloudgo(クラウドゴー)」
Image: オン・ ジャパン

雲の上の走りを、楽しみたいか。

スイスのパフォーマンスブランド「On(オン)」から、待望の最新作「Cloudgo(クラウドゴー)」が発売されました。

快適にランニングを楽しめる高クッション性

Image: オン・ ジャパン
メンズはターメリック / アロエ(写真)、ブラック / エクリプスの2色。サイズ展開は25cm~31cm

Onといえば独特な形状のミッドソール。横から見ると、いくつもの穴が空いています。これがOn独自の世界特許技術「CloudTec®」で、高いクッション性を生み出すと同時にソフトな着地を可能にしているそうなんです。

Image: オン・ ジャパン
ウィメンズはホワイト / メドウ、ブラック / エクリプス(写真)の2色。サイズ展開は22cm~27cm

足へのダメージを軽減してくれるので、ランニングを始めて間もない人にも、長距離をガンガン走りこむ熟練ランナーにも同様に魅力的なシューズですね。

いつもの走りをターボモードに

Image: オン・ジャパン

もうひとつ、Onのシューズが得意としているのが爆発的な蹴り出しです。

ソールに内蔵されている弾力性のある足型プレート「Speedboard®」が、軽量で高いエナジーリターンを実現しています。それに加えてスムーズに流れるような足運びを可能にしているので、Cloudgoを履いただけで走りにブーストがかかり、いつもより速く走れちゃうかも!

環境にもやさしいリサイクル素材を使用

Image: オン・ジャパン

自然環境を守る取り組みとして、リサイクル素材の活用にも力を入れているOn。今回のCloudgoは、シューズ全体の25-30%以上がリサイクル素材から作られていて、特にアッパーに使用されているエンジニアードメッシュはリサイクルポリエステル素材を85-90%使用しているそうです。

オン・ジャパン代表の駒田博紀さんによれば、製品のライフサイクルのうち、二酸化炭素の排出量が最も多いのが「バージンマテリアル」と言われる未使用素材の製造時なのだとか。そのため、Onでは極力バージンマテリアルを使用しない方向に進んでいるそうです。

Image: オン・ジャパン

クッション性・ 快適性・推進力を備えた「Cloudgo」は、Onオフィシャルオンラインショップ、On Tokyo、および全国の取扱店舗で販売中です。販売価格は16,830 円(税込)。

新しいシューズを履いているだけでウキウキしちゃいますけど、機能性の高いシューズなら尚更のことランニングが楽しくなりそう!今秋のランニングシーズン、雲の上の走り心地でさっそうと駆け抜けたいですね。

履いたらいきなり自己ベスト更新。早く走れるアシックスのシューズが「METASPEED+」に進化

ヒトが靴を履く理由はいろいろあるけれど、このランニングシューズが開発された目的はただひとつ。ヒトはどこまで速く走れるのか?という限界に挑戦するためです。

https://www.gizmodo.jp/2022/06/metaspeed-plus.html

Reference: オン・ジャパン
Images: オン・ジャパン