M2対応、Ventura対応、ProMotion対応!MacでWindowsが動く「Parallels Desktop 18 for Mac」発表

  • 13,304

  • author 小暮ひさのり
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
M2対応、Ventura対応、ProMotion対応!MacでWindowsが動く「Parallels Desktop 18 for Mac」発表
Image: © Parallels International GmbH. All rights reserved.

今年のアップデートもデカイ!

「Macが欲しいけど、使わなきゃいけないアプリがWindows版しか無くて…」と悲しみの声を救ってくれるのが、Mac用仮想化アプリ「Parallels Desktop」。Mac上で他のOSを動かすことができるので、MacでWindowsアプリやゲームを楽しむのに定番の手段となっています。

macOSのアップデートに合わせて毎年新バージョンがリリースされていますが、ことしも最新版となる「Parallels Desktop 18 for Mac」が発表されました。

アップデート内容は多岐にわたりますが、大きな変更点としては…

・Windows 11の完全サポート

・macOS Venturaをホスト・ゲストとして対応(正式リリース後)

・Apple Mシリーズチップ搭載Macへの最適化

・ProMotionのリフレッシュレートがWindows側にも自動適用

・Mac側に接続したBluetoothコントローラーをWindows側で利用

・USB3.0連携強化。Webカメラやキャプチャデバイスとの連系が可能に

などがあります。

2022-08-08palk01
Image: © Parallels International GmbH. All rights reserved.

やはり注目したいのがmacOS Ventura機能のサポート。こんな風に新機能のステージマネージャもMacアプリ・Windowsアプリ混在していてもOK。偉い。

ProMotionディスプレイのリフレッシュレートを自動的にWindows環境でも利用できるってのもいいですねー。MacBook Proユーザーならこれは嬉しいアプデポイントでは? BluetoothコントローラーもMac側に接続するだけでいいので、ゲーミングシーンもさらに快適になりそ。

M2へも対応。ただしMシリーズMacではARM版OSのみ動作

2022-08-08palk02
Image: © Parallels International GmbH. All rights reserved.

対応OSの範囲は旧バージョンと同様です。

M2への対応も果たされていますが、MシリーズMacで動作させられるのはARM版OSのみとなりますのでご注意を。MシリーズMacでは、Windowsを利用するハードルがちょっと上がっています。まぁ、ここはCPUの使用上やむなし…!というところですね。

価格は個人向けの「Parallels Desktop 18 for Mac」永続ライセンス版が1万4000円。個人向けサブスクリプションのPro Editionsが年間1万2900円、生協版(アカデミック版)が年額5,800円となっています。

導入にコストがかかって、ハードルも上がるのは事実。でも、「Macを持ちたいけど、使いたいアプリ(ゲーム)がWindows版しかない…」と溢れる涙を減らせる…はず!

M1・Intel両対応です! MacでWindowsが動く「Parallels Desktop 17 for Mac」公開

クラウド?いやいや、そのMacで動きます。MacでWindowsを含む、さまざまなOSを動かすことができる仮想化ツール「Parallels Desktop」。...

https://www.gizmodo.jp/2021/08/parallels-desktop-17-for-mac.html

Source: Parallels