ロボット掃除機はモップを自分で洗う時代らしい

  • author 小暮ひさのり
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ロボット掃除機はモップを自分で洗う時代らしい
Image: Roborock Japan, SB C&S株式会社

床掃除しない暮らしを夢見たくなっちゃう!

そんなロボット掃除機がRoborock(ロボロック)から発表された新フラッグシップ「Roborock S7 MaxV Ultra」です。

まず目を引くのは巨大なドック。

「ドリンクバー背負ってるの?」みたいなドックになっていますが、やってることはわりと近くて、上のタンクに掃除後のゴミを自動吸引して貯めたり、清水を貯めてモップに給水したり、モップを洗った汚水を回収してくれます。そう、モップへの給水・洗浄まで自動化されているんです。

2022-08-04rok01
Image: Roborock Japan, SB C&S株式会社

近年のロボット掃除機は水拭き対応で、拭き掃除までできちゃう!ってのがトレンドだけど、水拭きするにはパッドを自分で装着する手間がありますし、掃除が終わったら取り外して手洗いして…。と実際面倒なんですよね。

Roborock S7 MaxV Ultra」では、その面倒な部分まで自動化されているので、吸引掃除から拭き掃除まで、トータルにおまかせできるのが強み。オーナーは60日に1回のゴミ捨て、定期的な清水の補充、汚水の処理だけで、手を汚さずに床を常に清潔に保っておけるというわけ。

カーペットが混在する環境でも水拭きできる

2022-08-04rok02
Image: Roborock Japan, SB C&S株式会社

うちはフローリングとカーペットや畳が混在してるから、水拭きはちょっと…。

というお家もあると思います。日本家庭だとわりとよくあるパターンですけど、「Roborock S7 MaxV Ultra」はカーペットを感知すると、水拭きモップが自動的にリフトアップ。カーペット部では吸引掃除だけを行なうので、カーペットビショビショ事件も回避できます(ただし、毛足4mm未満)。

毛足の長いカーペットでは、超音波センサーで認識して自動で避けるとのことなので、幅広い家庭に対応できそうですねー。

センサーやカメラで賢く回避

2022-08-04rok03
Image: Roborock Japan, SB C&S株式会社

センシングやAIによる認識技術も高まっています。

部屋の間取りはLDSレーザーセンサーで正確にスキャンされ、障害物を避けつつ掃除してくれますし、前面には複数のカメラを搭載。

2022-08-04rok04
Image: Roborock Japan, SB C&S株式会社

障害物を目で見て認識して、回避しつつ掃除するので、片付けも最低限でOK。掃除前の床の片付けもなぁなぁで許されます。最高だ…。

この床掃除をすべて委ねてしまいたくなる「Roborock S7 MaxV Ultra」は8月11日発売で価格は21万7800円。

さすがに高い買い物ですけど、毎日の床掃除から開放される自由の価値と考えれば…! どう?

Source: Roborock