プロペラではない。ジェットエンジン10基搭載のVTOL機「JETRACER」

  • 18,689

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
プロペラではない。ジェットエンジン10基搭載のVTOL機「JETRACER」
Image: ZAPATA

錐揉み回転も何のその!

ここ数年、世界中で空を飛んで人を運ぶeVTOL機が開発されています。見ているとどれもがプロペラを使ったドローン型のクワッドコプターで、風に煽られたら危なさそうな気がするんですよね。

ですが、タービンエンジンで飛ぶ「Flyboard Air」を開発したZAPATA社が、垂直離着陸機に10基のマイクロターボジェットを搭載した「JETRACER」を発表。このモデルは風に強く、パワフルで安定感も良さそうです。

Video: Zapata / YouTube

タービンエンジンで飛ぶのは、Gravity Industries(グラヴィティー・インダストリーズ)のジェットスーツもありましたが、その乗り物版といった印象を受けます。

空飛ぶクルマなの?

ZAPATAは「JETRACER」を「フライングカー」と称していますが、クルマというより「フライングチェア」って感じですよね。四方に伸びたアームに2基ずつ、シートの両脇に1基ずつのジェットがあり、バランスも良さげ。最高時速は250kmで、高度は3,000mに達するのだそうです。また万が一2基のジェットが止まっても飛ぶことができ、自律運転も可能という特性も持っています。電動ではありませんが、これでVTOL機に新たな技術が加わりますね。

近々テスト飛行会を開催

「JETRACER」は、アメリカにて25人がテスト飛行に参加できるとのこと。その様子も公開されると良いですね。将来的には軍事や警備用の展開も見据えているそうです。

UFOみたいなeVTOL機「ZEVA ZERO」が飛行テストに成功。まるで『UFOロボ グレンダイザー』

飛んでたら未確認航空現象かと思われますね。去る1月13日のこと、ZEVA AeroのUFO型有人eVTOL機「ZERO」が、4回連続で合計4分の初飛行に成功し...

https://www.gizmodo.jp/2022/01/zeva-zero.html

Source: YouTube, ZAPATA via designboom, NEW ATLAS