プロジェクト終了間近。遊び心を身にまとう、希少なアイスブルーの国産腕時計

  • 7,350

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 山田洋路
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
プロジェクト終了間近。遊び心を身にまとう、希少なアイスブルーの国産腕時計
Image: matelia

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

腕元のイメージチェンジを図りたい、と考えているのなら、文字盤に爽やかな海碧カラーを配した「Le Cordon Turquoise」なんていかがでしょう。

クラウドファンディングサイトmachi-yaでプロジェクトを展開するこの国産腕時計は、“日本人の肌に馴染むカラー”をファーストプライオリティに据えて開発されたプロダクトです。ベーシックなブラックやホワイトのものと同じく合わせやすいうえに、さりげなく個性を演出してくれます。

東洋のスイス・長野県諏訪地域の国産老舗メーカーが手仕事で仕上げる機械式腕時計のプロジェクトも、残り期間わずかとなっています。リーズナブルに手に入る高級腕時計が気になっている方、あるいは初めて知る方に向けて、改めてプロダクトの特長をまとめてみました!

2,000色の中から厳選のアイスブルー

アイスブルー腕時計End01
Image: matelia

見る人すべてを魅了するのが文字盤のアイスブルーカラー。腕時計ではあまり見かけないこの碧は、日本人の肌色に合わせて2,000色の中から厳選されたものになります。釉薬を新たに調合し、絶妙な発色を表現。気品と色気が共存するオリジナルカラーが誕生しました。

スーツにはもちろんのこと、カジュアル着にも合わせやすく、身に着けた人の知的で遊び心ある一面を引き立てます。手放しに流行りに迎合するのを良しとしない方にとってもおあつらえ向きの逸品。高級時計の王道デザインに、探しても見つからないカラーを組み合わせたプロダクトは、ファッションに対するポリシーの象徴として機能するはずです。

中身と機能性もプレミアム

アイスブルー腕時計End02
Image: matelia

「Le Cordon Turquoise」が“高級腕時計”を称する根拠は、もちろんデザイン以外にもあります。

機械式時計の心臓部、ムーヴメントには精度と耐久性に定評のあるMIYOTA製のものを採用。風防は高級腕時計の定番、サファイアガラスとなっています。またバンドに採用のステンレスSUS316は、耐食性の高いハイグレードな素材で、高精度を保ったまま末永く使える仕様です。

100個限定販売との点もプレミアム。それでいて価格は5万円台からと、リーズナブルなのも嬉しいポイントでしょう。

熟練時計技師が高い技術力を投入

アイスブルー腕時計End03
Image: matelia

製造を手掛けるのは、50年間にわたる技術の蓄積を誇る南安精工社。熟練時計技師が1点ずつ丁寧に手仕上げしているとのことです。

その際、ムーブメントの固定ポイントを2倍にして耐衝撃性アップ、リューズ部をダブルOリングにして防水性能(10ATM)強化…といった高い技術力を活かした工夫が施されています。

自動巻き式なので充電も電池も要らないのは、スマートウォッチユーザーには新鮮かも。カレンダーで日付の確認もできますし、発光インデックスのおかげで暗闇でも時間をチェックできます。

日本人の肌色にマッチするアイスブルーカラーの腕時計「Le Cordon Turquoise」は、現在machi-yaで支援を受け付けています。

執筆時点では、一般発売予定価格より28%OFF、54,144円(消費税・送料込み)の支援コースが選択可能な状況です。希少な国産高級時計をお得な価格設定で入手できる期間も残りわずかとなりました。プロダクトの詳細が気になる方は、以下のWebページをチェックしてみてください。

>>大人の腕元にふさわしい。アイスブルーのラグジュアリーウォッチ

Image: matelia

Source: machi-ya