海での事故をスタイリッシュに防止する「RESTUBE」登場

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 飯田あゆみ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
海での事故をスタイリッシュに防止する「RESTUBE」登場
Image: Kei Nishihara

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

海での事故を防ぐために「ライフジャケット着用」が言われるようになって久しいですよね。けれど、ビーチでライフジャケットをつけて遊んでいる大人は、まず見かけません。「かさばる」「かっこわるい」「暑い」などが、その理由かと思いますが、海の事故は「私だけは大丈夫」という油断が招きます。見た目のおしゃれさと、緊急時の安全を両立させる「RESTUBE」はいかがでしょう?

楽しい海での悲しい事故を無くすために

RESTUBE01
Image: Kei Nishihara

海に囲まれた日本は、世界有数の水難事故多発国で、2003年頃から現在に至るまで水難者の発生件数は横ばいなのだそうです。けれど、ライフジャケットの着用が推進され、遭難者の生存率はどんどん向上してきました。つまり、ライフジャケットか、それに代わる安全装備を身に着けていれば、悲しい海の事故は防げるのです。

「RESTUBE」は、ライフジャケットのデメリット「かっこわるい」「かさばる」「暑い」などを無くした、海での安全を守る装備です。欧州を中心に25か国に広がり、70ものマリンスポーツの大会、学生の競技で標準装備として採用されてる実績のある救命具です。

RESTUBE02
Image: Kei Nishihara

ワンタッチで膨らみ、命を守る

RESTUBE03
Image: Kei Nishihara

「RESTUBE」の操作は簡単、腰に巻いて、緊急時にトリガーを引くだけです。重さわずか11gのカートリッジから炭酸ガスが勢いよく噴出して、「RESTUBE」を膨らませ、浮力が確保できます。

足がつった、波をかぶって水を飲んだ、マスクに水が入ってパニックになった、などなど、シュノーケリング中のヒヤッとした経験はありませんか? 「RESTUBE」があれば、そんな時でも安心です。浮力を確保して、いったん落ち着けば、生存確率はぐんと上がります。

RESTUBE04
Image: Kei Nishihara

カートリッジが無くても浮き具になるビーチの必需品

RESTUBE05
Image: Kei Nishihara

「そうはいっても、カートリッジは高いんでしょう? そんなに頻繁に買い換えられないわ」という方もいらっしゃるかもしれません。交換用カートリッジは2個セットで1,800円(税抜)で、オンラインショップで購入が可能です。命の値段だと思えば安いものですね。

しかも「RESTUBE」は、カートリッジを使わなくても、吸気口から空気を送り込むことで浮き輪のようにも使えます。

RESTUBE06
Image: Kei Nishihara

コンパクトで着けていても邪魔にならないことから、釣り人の間でも大人気の「RESTUBE」は、クラウドファンディングサイトmachi-yaにて、プロジェクトをスタートしたところです。海が大好きな私も、この機に1つ手に入れようと考えています。

今なら一般販売価格9,350円のところ、早割10%OFFの8,380円(税込・送料込み)からご支援が可能です。下記のプロジェクトページから詳細を確認の上、申し込みくださいね。

注意)本製品は日本国内での認証(桜マーク)を受けていないため、ライフジャケットとして使用することはできません

>>リスクフリーで海を遊ぼう!"次世代の浮輪"コンパクト緊急浮き具RESTUBE

Image: Kei Nishihara

Source: machi-ya