Apple Watch史上もっとも明るいUltraのディスプレイ、ピーカンでも見やすい?

  • author ヤマダユウス型
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Apple Watch史上もっとも明るいUltraのディスプレイ、ピーカンでも見やすい?
Photo: ヤマダユウス型

結論:むしろ今までのApple Watchもよくできてる。

過酷な環境での使用を想定したApple Watch Ultraは、画面サイズもApple Watch史上最大。なおかつ画面の明るさも史上最大で、ピーク輝度は2,000ニトにもなります。2021年モデルのSeries 7は最大1,000ニトですから、2倍ですよ! 届いた実機でチェックしてみました。

実際どれくらい見やすいの?

画面輝度が高ければ、強い日差しのもとでもディスプレイが見やすくなります。実際どれくらい見やすさに違いがあるのか、手持ちのSeries 5と比較してみましょう(Series 5の輝度は1,000ニト)。

220917ultrabright_02

さぁ、どうですか? 時刻は13時半ごろ、天候はほぼ晴天と比較環境はほぼベストなタイミングです。この写真を見る限りUltraの方が明るく見えますが…。

220917ultrabright_02a

少し角度を変えると、そんなに差はないようにも。これ、実際の印象は「Ultraの方がほん〜〜〜〜のわずかに明るいかな?」という程度で、1,000ニトと2,000ニトの2倍の差を実感できるものではありませんでした。

220917ultrabright_03

カレンダーアプリを起動して、白い部分を比較。これも写真では差異が出てますが、かといって1,000ニトのSeries 5が見にくいとは感じませんね。日常生活で使うなら1,000ニトで充分説ある?

2,000ニトが活きる状況は、もっとハードな場所かも

これはあれですね、スペックが倍になっても知覚的には2倍には感じないってやつです、デシベルと音量の関係のように。むしろディスプレイの見やすさについては、Ultraはディスプレイのエッジが丸くないから反射せず、そのおかげでディスプレイ全体が見やすく感じました。

220917ultrabright_04

日光を遮るものが無い高山や海上であれば、2,000ニトの画面輝度の恩恵を感じるかもしれません。日常使いする上でこの輝度が活きる場面は少ないと思いますが、Apple Watchだってこんなに明るくなれるんだぜというポテンシャルにワクワクするのもまた事実。それでいてバッテリー時間も伸びてますから、さすがはUltraだねぇ。

「意外と一般人が使ってもよさそう」Apple Watch Ultraと数日過ごしてそう思った

登山やダイビングなど、タフなアクティビティを楽しむ人のためにしつらえた究極のApple Watch、それがApple Watch Ultra。頑丈なチタンケース...

https://www.gizmodo.jp/2022/09/apple-watch-ultra-first-impression-jp.html

Source: Apple