ギズ編集長、中華料理はじめました。 【Amazonタイムセール祭り】

  • author 尾田和実
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ギズ編集長、中華料理はじめました。 【Amazonタイムセール祭り】

サンフランシコの空の下で中華料理の醍醐(味)を伝授される。

今年のWWDC2022での、裏一大イベント。それは現地に勤務するinuroさんのご自宅で美味しい美味しい(2度繰り返す)中華料理を体験したことです。

本格的な中華料理は、中華料理店でなくても作れる。しかし火力と中華鍋は一考の余地あり。そして薄々感じてはいたのですが、中華料理ってテックだなあと。そう確信しました。

・短時間に強い火力で調理 → つまり時短(ハック)

・中華鍋一つで煮る、焼く、揚げるを兼務 → つまりスマートクッキング(ガジェット)

・中華鍋のスナップを聞かせて、素早く攪拌 → つまりパフォーマンス(SNS映え)

今ひとつ何言っているかわからない、という人もいるかもしれませんが、とにかく中華料理はテック。そして中華鍋と中華包丁はガジェットなのです。煮る・焼く・揚げる・切る・叩く・潰すといった多機能クッキンをこの二つのツールですべてこなします。そして中華料理は多彩な食材をヘルシーにまとめ上げた機能性食品です(調理の仕方による)。

IMG_7363
回鍋肉も美味しくできました。 Photo : Kazumi Oda

というわけで、すでにIKEAの中華鍋とお玉で回鍋肉やチャーハンにチャレンジしていますが、Amazonタイムセールをみながら、中華料理グッズを物色している今日この頃です。

中華に欠かせないニンニクって意外と扱い難しいですよね。潰そうとするとコロコロ転がっちゃう。でっかい中華包丁で潰すとそれっぽいのですが、ないので、これで代用しようかと。デザイン的にも素敵です。

すみません。中華料理はじめて、中華包丁が欲しかったのですが、タイムセールのもので心が動かせられるものがなかったので、安心の貝印で。絵の部分もスチールなので、メンテナンスがしやすそうです。中華包丁は骨付き肉を着たり、刻んだりが便利なだけでなく、これでニンニクを潰したりなど万能選手です。

中華包丁を買ったらシャープナーも欲しいところ。

そして、中華といえば中華鍋とお玉。本当の陳 建一さんのようにお玉でガチャガチャやると、必ず鍋に傷がつくので心配な人はご注意。メンテナンス等もかなり気を使うので、手軽に始めたい方は別のモデルの方が良いかも。

※価格など表示内容は、執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。