スプレータイプの生クリーム缶でハイになる…、亜酸化窒素を吸いまくった男性が一時歩行困難に…

  • 17,522

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
スプレータイプの生クリーム缶でハイになる…、亜酸化窒素を吸いまくった男性が一時歩行困難に…
Image: Shutterstock

だめ、ぜったい。

生クリームのスプレー缶知っていますか? アメリカドラマで失恋した主人公が、アイスに「プッッッシューーー」と大量にクリーム投入するあるあるシーンでおなじみです。生クリーム好きは口の中に直プシューしたい!という夢を抱きます。

ハイカロリーの生クリームもある意味危険ですが、本気で危険なのはスプレー缶に含まれる亜酸化窒素を目的とする人々。一部の若者の間で、ハイになれる笑気ガスドラッグとして乱用されているんです。亜酸化窒素吸引がどれだけ危険か、一時期歩行困難になった男性のケースをまとめたレポートが公開されています。

神経に甚大なダメージも

問題の男性が救急病院を訪れたのは、腕にしびれを感じて6週間、歩行困難になって2週間も経ったころでした。男性曰く、症状がでる2カ月ほど前から亜酸化窒素を吸っていたと言います。診察の結果、脊髄や神経にダメージが見られ、亜急性連合性脊髄変性症の兆候があることがわかりました。

亜急性連合性脊髄変性症は、ビタミンB12の欠乏によって引き起こされる症状。亜酸化窒素を長期間服用すると、体内でのビタミンB12の供給に異変がでることがわかっています。男性はビタミンB12の注射を打つことで回復。その後、亜酸化窒素の使用はやめたということです(当たり前だ!)。

若者のスプレー生クリームを利用した亜酸化窒素吸引を重く受け止めたニューヨーク州では、未成年への亜酸化窒素を含むホイップクリームチャージャー(エスプーマのような泡立てマシン)のカートリッジ販売を禁止する条例ができるほど。

生クリームはクリームとして楽しみましょう。クリームを泡立てるガスを狙ったらダメ。コンドームの煮汁にしろ、生クリームガスにしろ、若者が捻り出すアイデアの力は素晴らしいので、その方向性だけ変えてください。

依存症を一発で治せる薬はできる?

ドラッグやアルコールの依存症を簡単に治せる薬は開発できるのか? 3人の専門家に知見を聞いてみた。

https://www.gizmodo.jp/2022/05/drugs-that-can-cure-addiction.html

Source: New England Journal of Medicine