足の切断手術を受けていた約3万年前の人骨、インドネシアで発見される

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
足の切断手術を受けていた約3万年前の人骨、インドネシアで発見される
Image: Maloney, et al/Nature

人類最古の例か 。

人間はこれまで考えられていたよりも遥かに昔から医療的な切断手術を行なっていたことが、最新の研究で判明しました。科学者たちは、健康上の理由から左足を切断されたと見られる、3万1000年前の若い男性の人骨をボルネオ島で発見したと述べています。この男性は珍しいことに、その後回復して数年間生き続けたようで、彼の属していた集団が優れた医療知識を有していたことを示唆しています。

この人骨を2020年に発見したのは、インドネシアとオーストラリアからの考古学者たちによるチームで、ボルネオ島のインドネシア領土東カリマンタン州の人里離れた山岳地帯にあるリアンタボ鍾乳洞の中で見つけたとのこと。人骨の左足下3分の1が欠けていたのは明らかでしたが、切断を引き起こした原因が何であれ、足の治癒後、かなりの時間の経過を示す骨の再成長が見られたことにチームは驚きました。男性の歯のエナメル質を調べたところ、彼はおよそ3万1000年前の人物だとわかっています。

科学者たちは、彼が事故や動物に襲われて足を失ったという可能性をすぐに除外しました。そのような出来事であれば、きっと簡単に見分けのつく粉砕骨折になっていたと思われるからです。それに男性の体が術後と埋葬時において丁寧に扱われていたと見受けられるため、懲罰の一種として足を切られたわけでもないと主張。彼らの分かる範囲では、切断手術は男性の命を救うまたは延ばすために実施されたに違いないとのことでした。もしそうなら、これは知る限り最古の切断手術を数万年もさかのぼる新たな先例となるわけです。これまでで最も古い外科的な処置はフランスで見つかったおよそ7000年前の新石器時代の農民の例で、左前腕を肘の真上から切断された高齢男性でした。今回の研究成果はNature誌に発表されています。

今回の発見は男性が属していた狩猟採集社会について多くのことを示唆すると、著者らは語っています。男性が切断手術を受けたのは子どもの頃で、この処置によって生じる致死的な出血や合併症が起きなかったのは、下肢の切断に細心の注意が払われていたことを意味します。現代の外科手術では感染を防ぐために消毒剤と抗生物質が使われていますが、この集団は熱帯雨林環境でよくみられる感染症に対してボルネオの豊かな多様な植物の薬効を利用して新薬を作っていた可能性があります。最後に、この地域の移動しにくい地形と、男性が手術後も6~9年ほど生きていたことを考慮すると、周りの人たちが彼のことを気に掛けていたと思われるのです。人間が定住生活をし始める約2万年も前の出来事なんですから、すごいですよね。

この研究の著者でグリフィス大学の考古学者Tim Maloney氏は、発見についての会見の中で、「これは、この個人とコミュニティが、小児の左足下部の切断術を成功させて処置を乗り越えさせただけでなく、この環境で成人期へと成長させられるほどの高度な医学的理解を発展させていたという確固たる例です」と語っていました。

研究チームは、この集団の切断技術が南東アジアの同地域にいる人々特有のものなのか、それともこの時代の人間には複雑な医療知識が広く普及していたという1つの事例なのかを次に調査したいと考えているようです。

Source: Nature, Science