専用ケトルでオーツミルクを作ろう。 「Earth MILK」なら自分好みのオーツミルクが見つかるかも

  • Buy
  • author 西山綾加
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
専用ケトルでオーツミルクを作ろう。 「Earth MILK」なら自分好みのオーツミルクが見つかるかも

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

ROOMIEからの転載

牛乳は、とっても身近な食材です。でも、食卓に牛乳が届くまでの間に、環境に多くの負荷をかけていることを知っていますか? 乳牛が排出するメタンガスや大量に使用する水などは、気候変動を引き起こす要因になると言われています。

そこで、プラント(植物性)ミルクが牛乳の代替品として注目されています。なかでも、オーツ麦を主原料とするオーツミルクは、生産に伴う環境負荷が牛乳の1/3以下だとか。しかも、腸内環境を整える成分が含まれているなど、私たちの健康にも良さそうです。

そんな人にも環境にも優しいオーツミルクを自宅で手軽に作れるキットが、今回ご紹介する「Earth MILK」です。

「Earth MILK」とは?

スタック02
Photo: にしやまあやか

最近では、スーパーやドラックストアなどでもオーツミルクを購入できます。しかし、市販のものには添加物や香料が含まれていることが多いですよね。

一方「Earth MILK」の原料は、丸ごと加熱・粉砕したオーツ麦と酵素のみ。酵素の力を使ってシンプルなオーツミルクを作れます。だから、「環境のことはもちろん、安心安全なものを飲みたい」という方におすすめです。

そんな「Earth MILK」を、筆者が実際に試してみました。

自宅に届く、専用ケトルと「OAT MILK BASE」

スタック03
Photo: にしやまあやか
スタック04
Photo: にしやまあやか

作り方は、とっても簡単。ケトルに「OAT MILK BASE」と水を入れるだけです。60℃の保温状態にあるケトルの中で「OAT MILK BASE」に含まれる酵素が働き、美味しいオーツミルクができるという仕組みです。

オーツミルクを作ってみる

スタック05
Photo: にしやまあやか

実際に作ってみました。専用ケトルに250mlの水を入れたら、温度を60℃にセット。水が60℃になるまで(3分ほど)待ちます。

スタック06
Photo: にしやまあやか

ケトルがピピピッと鳴ったら60℃になった合図です。「OAT MILK BASE」を30g入れてかき混ぜます。あとは、30分待つだけ。

スタック07
Photo: にしやまあやか

完成です。味は、市販のものよりも甘さ控えめに感じました。1杯飲むとかなり満足感があります。朝食をこれだけで済ませてしまいましたが、腹持ちが良いのか、筆者は昼までお腹が空くことはありませんでした。

ちなみに時間に余裕があるときは、60分待つとより甘いオーツミルクが楽しめます。反対に忙しい朝には、「あまさひかえめ すぐできる OAT MILK BASE」がおすすめ。こちらなら保温時間3分でできあがります。

自分好みのオーツミルクを見つけて

スタック08
Photo: にしやまあやか

Earth MILK」には、ベーシックな「OAT MILK BASE」に加えて、オーガニックと国産の、2種の「PREMIUM」バージョンがあります。こちらにもそれぞれ時短タイプがありますよ。

スタック09
Photo: にしやまあやか

お味は、ほうじ茶、チャイ、黒豆の3種。こちらのパウダーの材料も、もちろん無添加です。北海道産の甜菜で作られた含蜜糖をブレンドした、こだわりのパウダーです。

これをできあがったミルクに加えれば、デザート感覚でオーツミルクを楽しめます。筆者のお気に入りはチャイ味。スパイスの香りと、含蜜糖とオーツミルクのほどよい甘さが良い感じでした。

いろいろなアレンジを楽しめる

スタック10
Photo: にしやまあやか

販売サイトには、「Earth MILK」を使ったおすすめレシピが掲載されています。筆者はその中から「ダルゴナコーヒー」に挑戦してみました!まずは、インスタントコーヒーと砂糖、水を大さじ1杯ずつ加え、泡立て器で混ぜます。

スタック11
Photo: にしやまあやか

Earth MILK」を使ってみて筆者が一番メリットに感じたのは、飲みたい時に飲みたい分だけ作れるところでした。市販のオーツミルクは、一度開封したら早く飲み切らなければなりません。これがなかなか大変で、腐らせてしまうこともしばしば。「Earth MILK」に切り替えれば、食品を捨てなければいけないときのあの罪悪感から解放されそうです。

環境にも自分にもより良い選択ができたら、毎日がもっと豊かになるかもしれません。「Earth MILK」でサスティナブルな暮らしをはじめてみませんか?

Source: Earth MILK