エレコムのゲーミングキーボードは指に食いつく安定感が良い #TGS2022

  • 5,051

  • author 傭兵ペンギン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
エレコムのゲーミングキーボードは指に食いつく安定感が良い #TGS2022
Photo: かみやまたくみ

幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2022。その会場で発表となったエレコムのゲーミングキーボードを体験してきました!

お仕事仕様なイメージが強いエレコムがゲーミングに出てくるというのはやはり熱いゲーミングマウスも同時に発表されていて、こちらの記事で紹介しています)。

今回発表となったキーボードはエレコムのハイクラスのゲーミングブランド「V Custom」の一部として展開されるもの。マウス同様、プロゲーマー監修であるe-Sports志向であり、日本メーカーによる日本人向けの設計であることが売り。

20220915-P1001179
Photo: おおぬま

キーボードはサイズが2種あり、小型な「65%」サイズは携帯用キーボードっぽいサイズ感で小型ゲーミングキーボードではポピュラーな60%より気持ち大きめ。ファンクションキーは独立していないものの、スクリーンショットを撮るのに多用するプリントスクリーンなどのキーは独立していて小さいけれど痒いところには手が届く

20220915-DSC02624
Photo: かみやまたくみ

個人的にはキーボードは大きい方が好みではあるんですが、65%は小さすぎず右手と左手の間隔も狭まるので楽なのはわかる。テーブルの場所をとらなくなるのも利点でしょう。

20220915-DSC02599
Photo: かみやまたくみ


20220915-DSC02596
Photo: かみやまたくみ


また、FPSなどのゲームで多用するWASD周辺のキーは入力ミス防止するためにフチが盛り上がっている仕様。滑らってしまわず指に食いつく感じと言えば伝わるかな…?

また、この辺りのキーは文字が消えがちなのですが、素材からこだわっていて削らないと消えないほどなんだとか。

20220915-DSC02593
Photo: かみやまたくみ

また名前の通り、キーボードはキーの軸が青軸、茶軸、銀軸がラインナップされており選べる仕様。この辺りは正解がなく好みが分かれるところなので、嬉しい選択肢ですね。もちろん、カスタム可能なLEDライトも搭載されています。

65%サイズの通常仕様「VK200」、65%サイズのプロ仕様「VK210」、テンキーレスの通常使用「VK300」、テンキーレスのプロ仕様「VK310」はそれぞれ9月16日から発売開始。

Source: V Custom特設サイト

VK200/VK210/VK300 ほしい?

  • 0
  • 0
V Custom

シェアする