スマートウォッチ像がガラッと変わる。HUAWEI WATCH GT 3 Proは高機能のまま、また一歩アナログ時計に近づいた

  • Sponsored By ファーウェイ・ジャパン
  • author 三浦一紀
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
スマートウォッチ像がガラッと変わる。HUAWEI WATCH GT 3 Proは高機能のまま、また一歩アナログ時計に近づいた
Photo: Daisuke Ishizaka

ビジネスをもっとアクティブに!

ビジネスシーンにおいて、「動けるスーツ」「走れる革靴」のように、働き方をよりアクティブに、より快適にしてくれる高機能アイテムの需要が高まっています。

以前は、ビジネスファッションはデザイン性ばかりが重視されていましたが、今はそこに機能がプラスαされたものが求められる時代になっているんです。

これはスーツや革靴だけの話ではありません。「ビジネス時計」のジャンルにおいても、デザインだけではなく機能が欲しくなってきました。

20220818gizmodo_huawei_IMG_IMG_73507

よりビジネスを加速する腕時計。そのひとつの答えとして挙げられるのが、最新テクノロジーを搭載し、働き方を変えてくれるスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 3 Pro」です。一体、どのようなスマートウォッチなのでしょうか。


ビジネスシーンで映える高級感のあるデザイン

20220818gizmodo_huawei_IMG_4564

ビジネス時計にも機能が求められる時代になったとはいえ、やはりデザインは重要。いくら高機能でも、ビジネスシーンにマッチしないカジュアルなデザインでは意味がありません。

実は筆者は過去に何本かスマートウォッチを使っていたことがあるのですが、元々トラディショナルなアナログ腕時計派だったこともあり、デザインがしっくりこないのですぐに使うのをやめてしまいました。いかにも「スマートウォッチです!」という佇まいが、受け入れられなかったんですよね。

でも「HUAWEI WATCH GT 3 Pro」は、スマートウォッチながらも高級感のあるデザインを採用しており、ぱっと見、高級アナログ腕時計のように見えます。

20220818gizmodo_huawei_IMG_IMG_73544

それもそのはず、風防にはサファイアガラス、ケースにはチタン(46mmモデル)、リアケースはセラミックと、高級腕時計に採用されている素材が使われています。

20220818gizmodo_huawei_IMG_IMG_73538

チタン製のケースは、ヘアライン加工が施されており、細部にわたるこだわりが高級時計の雰囲気を作りだしています。まるでアナログ時計の文字盤だけをディスプレイにしたかのようなデザインです。

実際に腕につけてみると、いわゆるスマートウォッチらしさはあまり感じられません。チタンケースはステンレスとは異なる落ち着いた印象。丸形の風防はスタンダードなアナログ腕時計と変わらない印象で、ビジネスシーンはもちろんカジュアルなファッションと合わせても違和感がありません。

20220818gizmodo_huawei_IMG_IMG_73421

ビジネスをサポートしてくれる多彩な機能

HUAWEI WATCH GT 3 Pro」がビジネス腕時計といわれるのは、なにもデザイン面だけではありません。ビジネスをサポートしてくれる多彩な機能が搭載されているからです。

IMG_73589_1

たとえば、Bluetooth連携したスマートフォンにやってくるメールやSNS、電話の着信などを知らせてくれる「アプリ通知」。この機能を有効にしておけば、誰から連絡が来ているのかが一目でわかります。これが重要なんです。

通知が来たときに、わざわざスマートフォンやPCを取り出して確認したのに、仕事とは関係のない連絡だった、なんてことは結構ありますよね。はっきりいって、時間の無駄です。でも「HUAWEI WATCH GT 3 Pro」ならば、誰から連絡が来ているのかが一目でわかるため、今返事をするべきか、返事をしなくてもよいか判断できます。

つまり、時計をチラっと見るだけで、情報の取捨選択が行なえるのです。1回の時間は数十秒かもしれませんが、これが1日に何十回と重なれば、結構な時間になります。

また、スマホを取り出すことなく、スマートウォッチ上で通話もできます。マイク性能は結構よく、スマートウォッチ越しに話していることが通話相手に気づかれないレベルです。

20220818gizmodo_huawei_IMG_IMG_73578

また「HUAWEI WATCH GT 3 Pro」のロングバッテリーも重要なポイント。いくら高機能でも、1日や2日でバッテリーがなくなり、毎日充電しなければならないのはストレスです。万が一充電を忘れてしまいバッテリーがなくなってしまったら、何の役にも立ちません。

「HUAWEI WATCH GT 3 Pro」はHUAWEIが培ってきた充電技術を搭載しており、85分で満充電となり最大14日間駆動※します。実際ほぼ24時間着けっぱなしで1週間ほど使ってみても、バッテリーはまだ残り20%ほど残っていました

休日の夜、お風呂に入っているときに充電しておけば、普段はほとんどバッテリーを気にする必要はありません。スマートウォッチの最大のストレス「充電」からの解放は、腕時計には重要なポイントです。

忙しいビジネスパーソンの健康を見守ってくれる機能も豊富

20220818gizmodo_huawei_IMG_IMG_73452

ビジネスを円滑に進めるためには、健康維持も大事な要素。

「HUAWEI WATCH GT 3 Pro」は、その点も抜かりありません。たとえば、リアルタイムで使用者のストレスレベルをチェックできる「HUAWEI TruRelax™」。仕事に没頭していると、知らず知らずのうちにストレスフルになっていることも。

ちょっと集中力が落ちたな、と感じたときにTruRelaxでストレスチェック。このときストレスレベルが高かったら、ちょっと席を立ってストレッチをしたり、コンビニに買い物に出かけたりするなどの気分転換をすれば、落ちていた集中力をリカバリーできます。

また、ストレスレベルが高くなったときは、呼吸エクササイズを促す機能もあります。「HUAWEI WATCH GT 3 Pro」の画面上に表示される指示に従って呼吸をすることで、リラックスできます。ちょっとしたことですが、数分深呼吸をするだけでも、気持ちが楽になる気がします。

ストレスは、自分では認識しにくいものです。それを可視化して、対処法を客観的に通知してくれるのはありがたいところです。

huawei-watch-gt-3-pro-titanium-s_1

睡眠をモニタリングする「TruSleep」や24時間血中酸素モニタリング、心拍数モニタリング、体表温度測定などの機能も搭載。手首につけておくだけで、自分の健康状態をチェックできることは、いまの時代必須といえるかもしれません。

その他、ワークアウトモードでランニング、ウォーキング、スイミング、縄跳び、スキー、トライアスロン、ドライビングレンジ(ゴルフ)、登山など、合計100種類以上のワークアウトが設定できます。

ワークアウトモードにスイミングが搭載されていることからわかるとおり、「HUAWEI WATCH GT 3 Pro」は、5ATM(水深50mまで)およびIP68の防水性能があります。普段の手洗いなどはもちろん、水深30mほどのダイビングにも使用でき、アクティブに使うことができます。

20220818gizmodo_huawei_IMG_IMG_73572
左:ブラックフルオロエラストマーベルト、右:グレーレザーベルト

なお、ベルトはスポーツにも使いやすいブラックフルオロエラストマーベルトとビジネスにマッチするグレーレザーベルトの2種類が用意されています。ビジネスシーンでは革ベルト、汗をかいたり水に濡れたりするようなアクティビティのときにはシリコンベルトと使い分けられます。ベルトはHUAWEI EasyFitシリーズの22mmと互換性があり、別売で別のデザインに付け替えることが可能です。

日々の生活の中のログを取るもよし、ジムやスポーツ時の記録を取るもよし。付け替えることなく、ビジネスシーンと日常生活をシームレスに行き来できることこそ、動けるビジネススマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 3 Pro」の特徴なのです。




20220818gizmodo_huawei_IMG_IMG_73520

ビジネスシーンに溶け込むシックなデザインと、ビジネスから日常までをよりアクティブにしてくれる多彩な機能を搭載した「HUAWEI WATCH GT 3 Pro」は、日々の仕事や生活を一変する可能性を秘めています。

実際に使ってみると、スマートウォッチ特有の文字が小さくて見にくいことや、ほぼ毎日充電しなければいけないストレスなど、これまでありがちだった不満を感じさせません。

スマートウォッチとしての機能も、日常生活に必要なものはほぼ網羅されているので、オンでもオフでも「HUAWEI WATCH GT 3 Pro」が手放せない存在となることでしょう。

「スマートウォッチに興味はあるけど、デザインがちょっと…」と思っている方は、一度「HUAWEI WATCH GT 3 Pro」を手に取ってみてください。まるでアナログ腕時計のような質感とデザインは、これまでのスマートウォッチ像をがらりと変えてくれるはずです。

「HUAWEI WATCH GT 3 Pro」をHUAWEI Storeで購入すると、アディダスのランニングアプリ「adidas Running」とトレーニングアプリ「adidas Training」の 12カ月間プレミアムメンバーシップが500名限定で無料でついてきます。トレーニング用途を考えている方は、ぜひこの機会に。

※46mmシリーズの約14日間、また43mmシリーズの約7日間は、毎週30分間のBluetooth通話、毎週30分間の音楽再生、心拍数モニタリングの有効化、HUAWEI TruSleepを使用したモニタリングの有効化、毎週90分間のワークアウト(GPS有効)、メッセージ通知の有効化(50SMSメッセージ、6コール、および1日3アラーム)、画面を1日に200回点灯した場合のファーウェイラボのテスト結果を参考にしています。

Photo: Daisuke Ishizaka

Source: HUAWEI WATCH GT 3 Pro, HUAWEI Store