iPhone 14、Plus、Pro、Pro Maxについて知っておくべきことまとめ

  • 5,754

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
iPhone 14、Plus、Pro、Pro Maxについて知っておくべきことまとめ
Image: Apple
Amazonブラックフライデーセール開催中!<いますぐ会場へ>

2022年9月8日の記事を編集して再掲載しています。

ついにきたiPhone 14!

今年もAppleイベント「Far Out」は豊作だったけど、やっぱり注目はiPhoneです。大きめサイズのオプションも揃って、カメラ性能も遭難防止も処理性能も大幅によくなっています。ミニ版が消えたのは寂しいけど(バイバイ、mini)、2022年モデルはiPhone 14、14 Plus、14 Pro、14 Pro Maxの4モデル展開です。

ポイントを簡単に振り返ってみましょう!

2-13
Image: Apple

価格と発売日

何はともあれ気になるのは円安の影響ですよね。後藤達也氏が昨年モデルと発売価格を比べた表をいち早く作成&公開していますので、貼っておきます。

だいたい2~4万円ほど高くなっている計算。最上位モデルの24万円弱というのは確かにガッツリくるけど、これだけの円安圧力(今日は1ドル143.8円!)よく吸収したほうだと思います。

米市場はiPhone 14が799ドル~、Plusが899ドル~、iPhone 14 Proが999ドル~、Pro Maxが1,099ドル~。 iPhone 14は9月9日予約注文開始、16日発売、iPhone 14 Plusは10月7日発売。そのほかのモデルは近日発売となっています。

サイズ

iPhone 14: 6.1インチ

iPhone 14 Plus:6.7インチ

iPhone 14 Pro:6.1インチ

14 Pro Max:6.7インチ

6.7インチの大型画面はTVや映画の視聴やゲームプレイにぴったりです。前のiPhone 13では、大画面はPro Maxだけだったから、iPhone 14で標準モデルのデカ版(Plus)が出たのはうれしいプラス。

カラー

iPhone 14とPlus:ミッドナイト(黒)、スターライト(金)、ブルー、パープル、Product REDの計5色。

iPhone 14 ProとPro Max:スペースブラック、ゴールド、シルバー、ディープパープルの計4色。

スペック

3-9
iPhone 14とPlusのスペック
Image: Apple

気になるチップですが、無印の14と14 PlusはA15のまま据え置きで、「スマホ最速処理性能」(Apple)を標ぼうする新A16チップはiPhone 14 ProとPro Maxに搭載になります。

13 ProのA15と比べ、A16はトランジスタ数が150億個から160億個に増え、5nmが4nmに縮小。高速でありながら省電です。

標準のiPhone 14は13 Proと同じA15(6コアCPU+5コアGPU+16コアNeural Engine)。1年落ちのProか無印の新型か、悩みどころですね。

ストレージは14と14 Plusが128GB/256GB/512GB、ProとPro Maxは256GB/512GB/1TB。

4-6
iPhone 14 Proのスペック
Image: Apple

カメラ

一般ユーザが一番ワクワク楽しみにしてるのがカメラと撮影機能のアップグレードです。iPhone 14は前と同じ12MPカメラで据え置きですが、 Proのほうはメインカメラが48Mになって8K動画の撮影もできるほか、望遠カメラは3倍光学ズームに対応しています。

全モデル共通のカメラは、12MPの超広角カメラと新型フロントカメラ(オートフォーカス強化により自撮り性能が向上)。さらに暗所撮影が見違えるほどよくなるテクノロジーも全モデル共通です。

動画撮影でオオオオオーーーーっとなったのは「アクションモード」。手ぶれ補正がすごくて、デコボコ道をドライブしたりジョギングしながら隣の仲間を撮っても全然ぶれないの! これがあれば「ジンバルとかスタビライザーはもう要りません」とAppleは言ってました。

衛星経由のSOS緊急出動要請サービス(米・カナダ限定)

もうひとつオオオオオーーーーーっとなったのは、スマホを空に向けてSOSを送ると、衛星経由で出動要請がリレーされるAppleの新しいしくみ。WiFiも電波も届かない山奥や砂漠で遭難しても、しっかりSOSがキャッチされるんですね。どの方角に向けたらいいかも表示されます。

そこまで極端な場面じゃなくても、ちょっとハイキングに出かけるとき家族に現在地を送って安心させたりのカジュアルな使い方もできるみたい。

iPhone 14シリーズお買い上げの方にはもれなく2年間無料でついてきますが、それが過ぎたらいくらになるかは明らかにされませんでした。 対応地域は米国とカナダで、利用開始は11月から。

衝突事故検出テクノロジー

これは新Apple Watchで話題の衝突事故検出機能ですね。iPhone 14でも使えますよ。いきなり何かにぶつかると、スマホのジャイロスコープとセンサ、機械学習が検知して、現在地に緊急出動要請ができるほか、緊急連絡先にも通知が回ります。

動的に変幻する通知窓「Dynamic Island

5-5

これはiPhone 14 ProとPro Maxの新機能ですね。HOME画面を開くとこんな「ノッチ」が出てきて、アプリや利用サービスの通知の種類に応じて伸びたり縮んだりするんです。ノッチの面積自体は前モデルより30%小さくなってるんですけど、それが伸び縮みするってなわけでして、動的に変化するという意味をこめて「Dynamic Island」という名前がつきました(無駄にかっこいいネーミングで笑いが沸き起こっていた)。アプリをいちいち開かなくても大事な用件を確認できるのがポイント。マルチタスクがさらに快適になりますね!

さらば、iPhone mini

存続のうわさもあったけど、14のラインナップではminiは「なし」でした。2020年のiPhone 12でデビューしたmini。巨大なポケットを持たないユーザー(ほとんどの人)にとっては救世主でしたが、手のひらサイズにこだわったAppleも大型化の波には逆らえなかったようです。また会う日まで、しばしの別れです。