4800万画素! クアッドピクセル!! iPhone 14 Pro/Pro Maxのカメラの本気を見せてやるぜ

  • 28,113

  • author 三浦一紀
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
4800万画素! クアッドピクセル!! iPhone 14 Pro/Pro Maxのカメラの本気を見せてやるぜ
Photo: 三浦一紀

ワンランク上のカメラ体験を。

iPhone 14 Pro/Pro MaxがiPhone 13シリーズから進化した機能のひとつとして、カメラが挙げられます。メインレンズは24mmとなり画素数が4800万画素に。これまで1200万画素でしたから、4倍も画素数がアップしています。

そのほかにも、カメラ関連機能が結構進化しておりますので、iPhone 13 Proと比較しながら、iPhone 14 Pro/Pro Maxのカメラをレビューしたいと思います。

レンズはより大きくなりました

2209151314-02
左がiPhone 14 Pro Max、右がiPhone 13 Pro Max

まず外観から。iPhone 13 ProとiPhone 14 Pro/Pro Maxのレンズを比べてみると、レンズの口径はiPhone 13 Proが約15mmiPhone 14 Pro Maxが約16.5mmと、若干大きくなっています(実測値なので多少の誤差はご勘弁を)。

22091513-14-003
左がiPhone 14 Pro Max、右がiPhone 13 Pro Max

また、レンズユニット部の大きさも、iPhone 14 Pro/Pro Maxのほうが大きくなっています。レンズを横から見てみると、iPhone 14 Pro/Pro MaxのほうがiPhone 13 Proよりも出っ張っています

つまり、iPhone 14 Pro/Pro Maxはレンズが大きくなってる! ということです。まあ、カメラ性能がアップしているので、この辺りはしょうがないのかなという感じがします。

クアッドピクセルで細部までくっきり映る!

まずは普通に撮影した作例を。iPhone 14 Pro/Pro Maxのレンズは、

メイン:4800万画素 クアッドピクセル 24mm

ウルトラワイド:1200万画素 13mm

テレフォト:1200万画素 77mm

という構成。メインのカメラのみ4800万画素ですが、通常の撮影では4つの画素を1画素として扱うクアッドピクセルとなっており、1200万画素での撮影となります。

iPhone 13 Pro/Pro Maxのメインカメラ(1200万画素)と比較すると、クアッドピクセルはどんな感じなのでしょうか。

13-01
iPhone 13 Proで撮影

こちらはiPhone 13 Proでの撮影。

14-01
iPhone 14 Pro Maxで撮影

こちらはiPhone 14 Pro Maxでの撮影です。どちらもメインのレンズで撮影しており、1200万画素での撮影です。

ぱっと見、どちらもよく映っていて、あまり違いは感じられないかなって感じですけど、等倍に拡大して見てみましょうか。

13-14-01

等倍にしてみると、iPhone 14 Pro Maxのほうが解像度が高く、ディティールがより鮮明に映っていることがわかります。

iPhone 14 Pro/Pro Maxに搭載されているクアッドピクセルは、4つの画素を1画素として扱うことで、1画素辺りの光の取り込み量が増加します。そのため、ディティールがより精細になったり、明暗差のあるシチュエーションでも黒つぶれや白飛びに強くなるという特徴があります。

ちなみにファイルサイズは、iPhone 13 Proで撮影した写真は3.6MB、iPhone 14 Pro Maxで撮影した写真は3.3MB(いずれもHEIF形式)で、ほぼ同じでした。

「×2」で撮影できるクロップズーム

上で説明したとおり、iPhone 14 Pro/Pro Maxのレンズは13mm、24mm、77mmの3レンズ構成です。

しかし広角レンズの24mm(実質のメインレンズ)に新たに「クロップズーム」という機能が搭載されました。これは、24mmのレンズの中央部だけを使用し、48mm相当の画角の写真を1200万画素で撮影するというもの。下の作例を見ていただけるとおわかりかと思いますが、24mmと48mmを見比べてもあまり違和感がありません。

14-00
iPhone 14 Pro Max|13mm


14-001
iPhone 14 Pro Max|24mm


14-02
iPhone 14 Pro Max|48mm


14-03
iPhone 14 Pro Max|77mm


デジタルズームとは違い、4800画素センサーの中央部を切り出して1200万画素の画像を生成しているため、画質劣化がないのが特徴です。

iPhone 13 Pro/Pro Maxではこのモードはなかったので、より使いやすくなったなという印象です。

超広角マクロ撮影がより便利に

iPhone 14 Pro/Pro Maxの超広角レンズでは、マクロ撮影が可能です。被写体にめちゃくちゃ寄ってどアップで撮影できます。

14macro-01
iPhone 14 Pro Max|13mmでマクロ撮影

このマクロ撮影機能はiPhone 13 Pro/Pro Maxでもありましたが、iPhone 14 Pro/Pro Maxでは広角レンズでもマクロ撮影ができます

とはいっても、実際には超広角レンズに切り替えてクロップして24mm相当のマクロ撮影をしているようです。

14macro-02
iPhone 14 Pro Max|24mmでマクロ撮影

ただ、マクロ撮影をしてみるとビックリ。これだけ寄れてしっかり映れば、仕組みなんてどうでもよくなるね! なんだかマクロ撮影にはまりそうです。

ProRAW撮影で4800万画素センサーの実力を見よう

最後に、iPhone 14 Pro/Pro Maxの4800万画素センサーの実力を見てみましょう。カメラの設定から撮影フォーマットを「ProRAW」にすると、24mmのレンズで4800万画素撮影ができます。


14raw_1_1
Adobe PhotoshopでProRAW画像を現像。パラメーターは一切いじらずJPEGにした

ProRAW画像そのままでは若干眠いなーという画像ですけど、これをAdobe Photoshopなどで現像すると、一気にシャキッとした写真にすることができます。

14raw_2_2
パラメーターをいじって現像。現像耐性が高く、安心していろいろなパラメーターをいじることが可能。適度にシャープをかけると一気にシャキッとした写真になる

4800万画素のRAW画像は現像耐性が高く、割と思いきってパラメーターをいじっても破綻することがありません。さすがです。

14jpeg
こちらは通常の1200万画素での撮影。HEIF形式で撮影したものをJPEGに変換

かなり満足感の高いiPhone 14 Pro/Pro Maxのカメラ

4800万画素にアップしたiPhone 14 Pro/Pro Maxのカメラ。最初はその画素数にびっくりすると共に、「そんなに画素数いらんだろ」と思っていました。

でもさすがApple(アップル)。その高画素センサーを上手に使って、画質のアップや2倍ズームを使えるようにしています。ただ「カメラを高画素化したよ!」というだけではないところがニクいですね。

正直、「iPhone 13 Proのカメラで充分」と思っていたんですが、iPhone 14 Pro/Pro Maxを触っちゃうと、「やっぱりiPhone 14 Pro/Pro Maxのほうがいいな」って思いました。

14macro-03
iPhone 14 Pro MAXで撮影

着実に進化していたiPhone 14 Pro/Pro Maxのカメラ。これから長い付き合いになりそうです。よろしく頼むよ!

Photo: 三浦一紀

Source: Apple