iPhone 14シリーズのバッテリー容量、1機種だけ少なくなっているモデルがある!

  • author 小暮ひさのり
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
iPhone 14シリーズのバッテリー容量、1機種だけ少なくなっているモデルがある!
Image: Apple

2022年9月14日の記事を編集して再掲載しています。

数字的には減ってても、実稼働時間は?

毎年iPhone発売時期になると気になってくる「今年のiPhoneのバッテリー容量」の話題

Appleって「ビデオ再生◯時間」とかふわっとした値で表現していますけど、ギークな僕らにしたら数字が気になっちゃうよね!

そんな僕らのピュアな探究心に対して「答え」を提示してくれたのが、MacRumors。中国のデータベースから入手したといわれるiPhone 14シリーズのバッテリー容量を公開しています。それによると…

iPhone14 : 3,279mAh

iPhone 14 Plus: 4,325mAh

iPhone 14 Pro: 3,200mAh

iPhone 14 Pro Max: 4,323mAh

とのこと。参考までに、昨年のiPhone 13シリーズの容量が以下となります。

iPhone 13 mini: 2,406mAh

iPhone13 : 3,227mAh

iPhone 13 Pro: 3,095mAh

iPhone 13 Pro Max: 4,352mAh

iPhone 14、iPhone 14 Proは昨年より微増ですね。一方で、iPhone 14 Pro Maxはわずかにですが減っています

バッテリー容量に増減こそあれど、利用時間は最新モデルの方が長い!

2-1
Image: Apple

なんだ、昨年モデルの方が長持ちするのか…。

と思うのは待った。Appleの端末比較によれば、iPhone 13 Pro Maxよりバッテリー容量の少ない、最新のiPhone 14 Pro Maxの方がビデオ再生時間は伸びています。

iPhone 14 ProとiPhone 13 Proでも同じく1時間伸びているので、4nmプロセスで作られている最新のA16 Bionicの効率の良さがかなり影響してそうな予感!

というわけで、バッテリーの数字はあまり気にせず、稼働時間は新しい世代のiPhoneのほうが有利。と思っておきましょう。

Source: MacRumors