いまさら聞けないiPhone文字入力テクニック9選

  • 9,390

  • author 三浦一紀
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
いまさら聞けないiPhone文字入力テクニック9選
Photo: 三浦一紀

まだまだ世の中には知らないことがあるね…。

長年iPhoneを使っていても、意外と気付いていないことはあるもの。そこで、文字入力に関するちょっとしたテクニックを9つご紹介します。これを読めば、文字入力速度がアップすること間違いなし!

単語選択

Webページやメモ帳などで、単語などの文字列を選択したい場合は、その部分をダブルタップします。うまくいかないなという方は、ダブルタップの2回目をちょっと長めにするといいですよ。

1行選択

一行行単位で文章を選択したい場合は、トリプルタップです。簡単に行単位で選択できます。

3本指コピー

選択した文字列をコピーしたい場合は、3本指でつまむ動作をします。これでクリップボードに文字列がコピーされます。

3本指ペースト

コピーした文字列をペーストしたい場合は、3本指を広げる動作をします。

3本指コピー・ペーストは画面が狭いとやりづらいかもしれませんが、人差し指、中指、薬指でやるとやりやすいですよ。

3本指切り取り

選択した文字列を切り取りたい場合は、文字列選択後3本指で2回つかむ動作をします。これで文字列が切り取られてクリップボードにコピーされます。

3本指取り消し・やり直し

入力した文字列を取り消したい場合、または間違って消してしまった文字列を復活させたいなど、取り消しの動作を行ないたい場合は、3本指で左スワイプです。

また、取り消した内容をやり直す場合は3本指で右スワイプをします。

キーボードからカーソル移動

文字入力時に表示されるカーソル。文字列をドラッグして移動させるとやりづらいことも。そこでもうひとつの方法をご紹介。キーボードの「スペース」(フリック入力なら「空白」)を長押しするとカーソルが動かせるようになるので、ドラッグして動かします。

カギ括弧の入力

カギ括弧の入力、実はとても簡単。フリック入力画面から「」を左フリックで、右フリックでが入力できます。

辞書登録

頻繁に使う文字列は、iOSに辞書登録をしておくと便利。辞書登録の方法は、文字列を選択したときに表示されるポップアップメニューにある「ユーザー辞書」を選択。そして文字列に対する読み方を入力すればOK。次回からその読み方の先頭数文字を入力すれば、変換候補に登録した文字列が表示されます。

自分のメールアドレスを「めあど」で登録したり、「よろしくお願いします。」を「よろ」で登録したり、使い方は無限大です。