大画面&E-Inkタブの大本命!書けるKindle「Kindle Scribe」登場で読書は次のステージへ

  • 8,952

  • author 小暮ひさのり
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
大画面&E-Inkタブの大本命!書けるKindle「Kindle Scribe」登場で読書は次のステージへ
Image: Amazon

本命といえる存在が、出るべきところから出た!

と言えると思うんです。

10.2インチというE-Ink搭載モデルとしては過去最大のKindleとなっていて、解像度は300ppi。ストレージは16GBからスタートで最大64GBまで。

最大の特徴として、全モデルペンが標準で付属し、手書き入力ができるところ! ビジネス書や参考書の大事なパートをメモしたりはもちろん。推理モノなら自分の思考をまとめるのにも役立ちますよね。

2022-09-29kik01
Image: Amazon

こうなると、紙の本に直接メモを書いたり、はたまた付箋を貼ったりといった、「考えながら読む」といった読み方が、手元の1機の電子ペーパーデバイスだけでかんたんにできるようになるわけです。そんな姿を想像しただけで、ちょっと頭良くなった気分になっちゃうよ。

価格は4万7980円から。PDFへの書き込みもOK

「Kindle Scribe」の価格は、スタンダードペン付きモデルは4万7980円から。プレミアムペン付きモデルは5万1980円から。発売日は2022年11月30日でAmazonではすでに予約が始まっています。

これまでのKindleに比べたらふたまわりくらい高いんですけど、PDFファイルを取り込んで手書きでメモを加えたり、ノートやToDoリスト管理もOK。早い話Kindleだけどもう「リーダー」じゃなくて、E-Inkタブ的な存在に1ランク進化している言えるんじゃないかな。

実際使ってみないとジャッジはできないところですが、Kindleとしては高いけど、現在市場にあるE-Inkタブレットよりは安いので、低燃費なE-Inkタブレット狙いの方は、絶対に候補に入れておきましょう。

Source: Amazon