繊維を直接布地にする技術でCO2を75%削減。アパレルに革命を起こす「ナイキ フォワード」

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
繊維を直接布地にする技術でCO2を75%削減。アパレルに革命を起こす「ナイキ フォワード」
Image: NIKE

パンチニードル機のハッキングでアパレルに革命が起きた!

SDGsの推進される現代社会において、各企業ではいかに持続可能な製品を作るかでいろんなアイディアが生まれつつあります。

スポーツウェアのNIKE(ナイキ)では、フリースの生地作りで新たな境地が開拓されました。それが従来の手法よりいくつかの工程を減らすことで、生産時に平均75%のカーボン・フットプリントを減らせる「Nike Forward(ナイキ・フォワード)」というもの。

パンチニードル機をハッキング?

第1弾として発売するのはグレーのパーカーです。素材の70%に再利用繊維を使い、ハッキングしたパンチニードル機を使って繊維を編まずにチクチク刺して生地にするのだそうです。フェルトを使った手芸みたいですね。

完成まで5年かかった

これまでは糸を紡いで、編んで切って縫ってという順序が必要だった服作り。でもそれらの工程はパンチニードル機でいくつか飛ばすことができ、繊維が次の段階でテキスタイルに変わるのだそうです。工程が減れば必要なエネルギーも省略できるため、二酸化炭素を75%削減することにも繋がったのです。しかも従来のフリースより密度が高いのも、特徴となっています。

220913_nike2
Image: NIKE

とにかく簡素で簡略

パーカーは余計な装飾も染料もなく、ジッパーもフード周りの紐に使うアグレット(留具)もありません。また生産時に水を使わず、ポケットは切れ込みだけで布地の後付けもナシ。必要以上に縁取りを補強するかがり縫いも省略し、次に再利用することを考え極力シンプルなつくりになっています。

発売は全世界で9月15日。「Hoodie」と「Crew」がお目見えします。新たな製法で作られたフリース、手にとってみたいものですね。

ナイキがリサイクルのために3つにバラせるスニーカーを開発

ナイキが6月に新スニーカー「Nike ISPA Link」をリリース予定。ソールとアッパーが接着剤を使わない構造になっており、簡単にバラしてリサイクル可能。

https://www.gizmodo.jp/2022/05/nike-ispa-link-recyclable-sneakers.html

Source: Instagram, NIKE via AXIS Web Magazine