最新のiPhoneには最新の通信プランで。iPhone 14にpovo2.0を入れてみる

  • Sponsored By KDDI株式会社
  • author 編集部
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
最新のiPhoneには最新の通信プランで。iPhone 14にpovo2.0を入れてみる
Image: ギズモード・ジャパン / YouTube

新しいスマホには新しい回線を。

いよいよ発売された、Appleの最新スマートフォン「iPhone 14」。今年のAppleは通信回線の新しい規格「eSIM」を超プッシュしていて、米国向けのiPhone 14シリーズはeSIM専用スマホという思い切った仕様で話題になりました。

eSIMって何がいいの? を確かめるため、発売ホヤホヤのiPhone 14 Pro(日本版もeSIMに対応してますよ!)に、KDDIのオンライン専用通信プラン(*1)、「povo2.0」のeSIM回線を入れてみました。

*1
・povo2.0のお手続き・サポートは全てオンラインとなります。店頭・電話でのサポートはありません。
・対応端末に関してはHPでご確認ください。

eSIM:QRコードをスキャンすれば設定OKなかんたんさ

eSIMのメリットはいろいろあるんですが、一言でいえば「かんたん」。これにつきます。

いままでは、小さいピンでスマホの脇に空いたカードスロットのフタを外し、小さなSIMカードを差し込み、妙に空欄の多い設定画面にパスワードを入力する...などなど、設定になかなかの手間が必要でした。

それが、iPhone 14+eSIMの組み合わせなら、アプリに表示されたQRコードをスキャンするだけ(*2)で設定できます。

povo2.0ならiOS 16の新機能「eSIM クイック転送」にも対応しており、Appleデバイス間のeSIMの移し替えも手軽にできます。

*2
・「sm-dp+アドレス」「アクティベーションコード」の2種類を入力する方法もあります。
・設定にはWi-Fi環境が必要です。
・端末によって、APN設定やOSアップデートが必要です(一部の機種では自動設定されます)。
・povoを利用するスマートフォン以外の端末(PC、タブレットでもOK)が必要です。
・20時から9時30分にお手続きをされた場合は、9時30分以降に順次ご利用頂けるようになります。


トッピング方式:必要なぶんだけギガや通話を買う

povo2.0は料金プランも新しい方式を採用。0円の基本料金(*3)に、ギガや通話プランを使うぶんだけ購入する「トッピング」方式で、わかりやすく、無駄なく、通信・通話プランを組み立てられます。

スマートフォンの価格が高くなってしまった現在、通信回線でうまくお金をやりくりしたいなら、povo2.0はおすすすめです。

*3
・国内通話料(22円/30秒)など別途かかります。
・180日間以上有料トッピングの購入等がない場合、利用停止、契約解除となることがあります。また別途所定の手数料等の費用がかかる場合があります。
・データトッピングを購入しない場合、送受信最大128kbpsとなります。

7日間データ使い放題キャンペーン実施中

2022年10月16日までにpovo2.0を新規契約してSIMを有効化すると、「データ使い放題ボーナス(7日間)のプロモコード」が届きます(*4)。スマホを新しくした直後は、アプリのインストールやデータの移動で何かとギガを使いがち。このコードでギガの心配なく新しいスマホを使い倒しましょう。

7日間データ使い放題キャンペーン


*4
・ネットワークの混雑時や動画・クラウドゲームなどの利用時に通信速度を制限する場合があります。

Source: povo2.0