テレビって進化してるの?「5年前のブラビア」と「最新のブラビア」を比べてみた【有機ELモデル編】

  • 28,215

  • author ヤマダユウス型
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
テレビって進化してるの?「5年前のブラビア」と「最新のブラビア」を比べてみた【有機ELモデル編】
Photo: ヤマダユウス型

有機ELの底力を感じました。

皆さん、お使いのテレビは何年目に突入していますか? テレビも各メーカーから毎年新モデルが登場していますが、内心で「もう全部きれいだからどう新しくなったのかわからん!」って思ってません? ません??

古いモデルと新しいモデルを比較してみれば違いもわかりやすいんですけど、店頭でそれをするのはなかなか難しい。今回、ソニーのブラビアシリーズで新旧モデルの比較を実現できたので、その結果を報告します。今回は有機ELモデル編です。

最新モデルはより鮮やかに、明るくなっている。表現できる色域も増えた

220831bravialed_02

左は2017年に登場したブラビアの初代有機ELテレビ「KJ-55A1」、右は2022年モデルの有機ELテレビ「XRJ-65A95K」。極力、目で見た印象に近くなるよう撮影しています。鮮やかさや輝度に大きな違いがありますが、暗部の表現などは初代の頃からきれいですねぇ。「どっちの画質が好み?」と聞かれるとやっぱり右の最新モデルですけど、かといって左の古いモデルが無しってワケでもない。そんな印象です。

220831bravialed_03

照明を消すとこんな感じ。左の方が「色が鮮やかすぎず見やすい」と感じるかもしれませんが、ソニーのテレビは昔から同じカラーリファレンスを参照しており、モデルごとに色が異なって見えるのは搭載されているエンジンやパネルの性能差によるものだそう。つまり、表現できる色域が確実に増えているわけです。

また、有機ELは視野角の広さも優秀。「XRJ-65A95K」の視野角は歴代でも最高クラスで、あらゆる角度から見ても破綻を感じません。大きなテレビほど正面以外の角度から見るケースが増えますから、そうした理由で有機ELを選ぶのもアリかも。

古い有機ELから新しい有機ELにする価値はありそう?

有機ELは古いモデルでもきれい。この事実を今回の比較で改めて実感しました。一方で輝度に関してはかなり差があるため、日中や照明下でテレビを見る時間が多いなら新しいモデルに買い換える意義は大きいかなと思います。

テレビって進化してるの?「7年前のブラビア」と「最新のブラビア」を比べてみた【液晶モデル編】

夢のブラビア比較、有機ELモデルに続いて液晶モデル編です。液晶テレビはまだまだ売れ筋で、世の中的に有機EL推しであっても「いや、我が家は液晶派なんで」という人も...

https://www.gizmodo.jp/2022/09/sony-bravia-comparison-lc.html

「PS5を買うならテレビも買い替えなきゃ問題」に最新ブラビア3台の前で向き合ってきた

「PS5はまだいいかな」入手難なのもあって少し前までそう思ってたんですが…どうしてもやりたいタイトルが発表されてしまいました。PS4版も出る…でも4K解像度に...

https://www.gizmodo.jp/2021/12/hmd-2-1-bravia-ps-5.html

Source: ソニー

XRJ-65A95K(最新の有機ELブラビア) ほしい?

  • 0
  • 0
ソニー

シェアする