米空軍でのウッカリ者、間違って「全軍関係者に一斉メール」機能を使ってネタにされる

  • 18,347

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
米空軍でのウッカリ者、間違って「全軍関係者に一斉メール」機能を使ってネタにされる

う、耳が痛い。

会社や学校などの団体で、そこに所属している人全員に一発でメールできる便利な専用アドレスってありますよね。メンバー全員が関係するお知らせで使用されるやつです。これ、うっかり使って大恥かいちゃったた!という経験がある人、少なくないのでは? ただ、まさかそんなウッカリ者がアメリカ空軍にもいるなんて…。

この話、軍従事者で米Gizmodo読者の方が「面白すぎて言わずにはいられない!」とネタ提供してくれました。うっかりメールは、ドイツのラムシュタイン空軍基地から発信。件名は「スクリーンにロゴが表示されてしまう」。メールの内容は、基地のあるマシンの画面にまったく身に覚えのない謎アラートメッセージが表示されて何をどうやっても消えない!誰か助けて!というもの。テック系のヘルプ申請のようですが、なぜかこのメールの宛先に、空軍従事者全員にメール送信される特別なアドレスが含まれていました。ラムシュタイン基地だけでなく、世界中のアメリカ空軍基地のみんなに送信されるアドレスが…。

突然のメールに、世界あちこちの仲間から返信があり、どうやらちょっとした祭り状態だったようです。返信には「おはようございます。大変ですね。解決策はわかりませんが、コンセント引っこ抜いて、2階の窓から投げ捨てちゃえば、とりあえず不快なアラート画面は消えると思います」とネタで返す人も。中には「全員に返信機能使うの本当やめてください」というメールもあったそうで、もしかして同じことが過去にもあったのかもしれません。

規律の厳しい軍ですが、みなさんけっこう優しい対応ですね。社内一斉メールに「全員に返信」してしまったうっかりメールに、「全員に返信しちゃってるよー。ウケた。明日のご飯どうする?」とさらに全員に返信した二重のウッカリ者を知っていますが、やっぱり世界は思ってるより優しいです。

ちなみに、米Gizmodo編集部が米空軍に取材したところ、空軍のメディア担当者Ann Stefanek氏からコメントがありました。いわく、全員にメール事件は確かに発生したとのこと。ただ、謎が多く、空軍全員に送信する専用のメールアドレスを誰が制作したのか、なぜそんなものがあるのかはわからないのだそう。確かに、そんなアドレスがもしリークしてしまったら、空軍全体にスパムメール送りつけるの簡単ですもんね。

もしかして、これ米空軍の都市伝説…?