宇宙の旅も快適に。ヒルトンが民間宇宙ステーション「Starlab」のオフィシャルパートナーに

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
宇宙の旅も快適に。ヒルトンが民間宇宙ステーション「Starlab」のオフィシャルパートナーに
Image: Voyager Space

Starlabは国際宇宙ステーションが退役する前に稼働予定の、民間の宇宙ステーション。

民間宇宙ステーションStarlabを開発するVoyager Space社が、アメリカのホテル&ホスピタリティ企業の最大手ヒルトンとの提携を発表しました。

宇宙ホスピタリティ・ツーリズム業界では1席あたり12万5000ドル(約1800万円)で成層圏を旅する気球ツアーなどの興味深いアプローチがありますが、地球上でもっとも規模の大きいホスピタリティ企業も宇宙産業の競争に参入するようです。Voyager Space社との協働が正式に発表されたヒルトンは、Voyager社の商用宇宙ステーションで宇宙飛行士4名を収容できるStarlabの共用スペースや宇宙飛行士用の寝室などのデザインと開発を手掛けます。

ヒルトンの取締役社長兼CEOクリストファー・J・ナセッタ氏は、「何十年もの間、宇宙での発見は地上の生活に良い影響を及ぼしており、今回ヒルトンはこの唯一無二の環境を活用して、旅をする場所がどこだろうとゲストの体験を向上させる機会を得ます。この画期的なコラボレーションは、地上だろうと宇宙空間だろうとホスピタリティの明るさと温かさを広め、心地よく安定した滞在を提供することへの私たちの深い献身を強調するものです」とプレスリリースにコメントを寄せています。

ISS後継争いが加速

国際宇宙ステーション(ISS)の終わりが近づくなかで、NASAはその穴を埋めるべく民営宇宙ステーションへの移行に関心を抱いており、Starlabはその候補に選ばれています。Voyager Space、Nanoracks、Lockheed MartinがStarlab実現のためのパートナーシップを築いていて、他の開発中の宇宙ステーションにはBlue Origins社のOrbital Reef、Axiom Space社のAxiom Station、そしてNorthrop Grumman社の現時点で無名のプロジェクトも存在します。暗号通貨業界の億万長者Jed McCaleb氏が出資した南カリフォルニアのスタートアップVast Space社までも、地球低軌道に人工重力の宇宙ステーションを建設したいと考えています。

どれも期待できるプロジェクトですが、宇宙ステーションを打ち上げて稼働するのは容易いタスクではなく計画されていたより長くかかる可能性もあるため、2030年のISS引退が近づくとともにNASAは低軌道上でのプレゼンスを懸念しています。NASAの監察総監室による2021年の報告書には、深宇宙旅行が人体の健康に及ぼす影響についての研究(ISSの微重力環境下で行なわれる)は、2030年までには終えられないだろうと書かれていました。

民間企業の宇宙ステーションがISSの後継を目指していることに加え、ロシアと中国は国営の宇宙ステーションに興味を示しています。中国の天宮号宇宙ステーションは現在建設の真っただ中にあり、「天和」と「問天」2つのモジュールがそれぞれ2022年4月と7月に打ち上げに成功。ロスコスモスも国営の宇宙ステーションへの関心を表明していて、ロシアがISSを去る2024年より前に建造を始めるかもしれません。

Source: Voyager Space, NASA, SpaceNews,