watchOS 9の目玉機能。Apple Watchの「低電力モード」の設定方法

  • 18,642

  • author 小暮ひさのり
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
watchOS 9の目玉機能。Apple Watchの「低電力モード」の設定方法
Image: Apple

昔のApple Watchも、まだまだ活躍できるかも!

Apple Watchの新OS、watchOS 9ではさまざまな機能が追加されましたが、個人的注目度MAXなのが節電機能「低電力モード」。

従来の「省電力モード」では時間を見るくらいしかできなかったけど(極端なんだよね!)、新しい「低電力モード」では、一部機能や通知をオフにすることで、Apple Watchの便利さを享受しつつ、賢く稼働時間を伸ばせます


2022-09-13Apk01
Image: Apple

設定は、画面を下から上にスワイプして「コントロールセンター」を表示。「バッテリー残量アイコン」→「低電力モード」をオンにします。

2022-09-13Apk02
Image: Apple

低電力モードの機能解説が表示されるので、画面をスクロールして「オンにする」をタップ(オンにする期間も選べます)。低電力モードがオンになると画面上部に黄色いアイコンが点灯します。

実生活での節電効果がどれほどなのか? はまだわかりませんが、Apple(アップル)曰く、Apple Watch Series 8では低電力モードをオンにするとバッテリー持続時間は倍(最大36時間)になるとのこと。

なお、低電力モードは、Apple Watch Series 4以降のモデルで利用できるそうなので、バッテリーがヘタリはじめて1日持たないWatchでも、延命できるかもしれませんね!

Source: Apple

watchOS 9の新機能「低電力モード」は、Apple Watch Series 4以降のモデルでも使えますよ!

昨日のApple(アップル)イベントで新型Apple Watchが発表された際に軽く触れられた低電力モードですが、これはApple Watch Series 4...

https://www.gizmodo.jp/2022/09/watch-os-9.html