髪に通すだけで枝毛を自動的にカット。まとまりやすい髪にしてくれるヘアケアアイテム

  • 6,600

  • Buy
  • author 田中宏和
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
髪に通すだけで枝毛を自動的にカット。まとまりやすい髪にしてくれるヘアケアアイテム
Image: 田中宏和

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

ライフハッカー[日本版]から転載

ミドル、ロングヘアにしている人の場合、髪のケアは相当に大変ですよね。

私の妻も、それほど長い髪ではないものの、それなりに年齢を重ねていることもあり、やはり髪がまとまりにくくなっています。

今回レビューする「スプリットエンダーmini」は、CoSTORYで販売されている美容機器。サンプル品をお借りできることになったので、さっそく妻に試用してもらいました。

まずは、どんなアイテムなのか、見ていきましょう。

sprit-ender-mini02
Image: 田中宏和

使い方はあとで書くとして、とりあえず説明書どおりに使ってみた様子です。

ちなみに、毛先6mmほどしかカットしないように作られていますが、同じ部分を何度も通してしまうと、ヘアスタイルのバランスが悪くなる可能性も。必要に応じて、3回までを目安にしましょう。

sprit-ender-mini03
Image: 田中宏和

寝起きの妻のご機嫌を取りつつ、特に何も考えずに使ってみましたが、使用後には明らかな違いが。

比較画像を見ていただくとお分かりのとおり、毛先にかけてバラバラの向きになっていた髪が、「スプリットエンダーmini」を使ったあとは、かなり落ち着いています

この後ちゃんとブローすれば、シッカリまとまりそうですよね。

sprit-ender-mini04
Photo: 田中宏和

落ち着かない髪の原因になっていた毛先は、ご覧の状態に。「スプリットエンダーmini」が、枝毛やハネている毛先のみをカットしてくれています。

左右どちらでも使えてセルフケアもOK

sprit-ender-mini05
Photo: 田中宏和

使い方は、コツさえ分かればカンタン。

光っているスイッチが下向きになるように持って使うという点だけ、気をつけてください。つまり、反対の手に持ち替えたら、スイッチも切り替える必要があります。

sprit-ender-mini06
Image: 田中宏和

レバーを放している間は動作しませんので、あわてずにスイッチの向きを確認しましょう。

準備できたら、適量だけ髪の毛を手に取り、ブラシ部に髪の毛を挟み込むようにしてレバーを軽く握れば、動き出します。

あとは、ゆっくり毛先に向かってブラシをかけるように動かすだけです。

sprit-ender-mini07
Photo: 田中宏和

片付けるときは、スイッチを切り、レバーの根元にあるロックボタンを“Lock ON”の位置にスライドすれば、閉まったままの状態をキープできます。

sprit-ender-mini08
Photo: 田中宏和

セットされている備品は、上の画像のものと、電源用の単三電池3本。

ちなみに一番下に写っているのは、掃除用のブラシ。これがないと奥まった部分に入り込んだ毛が取れないので、無くさないようにしてください。PC周りのホコリ掃除などに使うエアブロワーを持っていれば、グッと掃除が楽になるのでオススメです。

また、使用中にはそれなりに毛が散乱します。あとで掃除機をかけるのが面倒なら、ベランダか浴室で使うのがベターです。ただし防水仕様ではないので、うっかりシャワーで水洗いしてしまわないように、ご注意を。


「スプリットエンダーmini」は、現在CoSTORYで共同購入することができます。友人やご家族と共同購入すれば、販売価格から約44%オフの8,800円(税込)に。

下記のリンク先ページで詳しい購入方法をチェックして、お得にまとまる髪を手に入れましょう!

【CoSTORYとは?】

CoStory定型文画像-2

CoSTORY(コストリー)』は、友人や家族・同僚などと一緒に、楽しくお得にショッピングができる"共同購入"の体験を提供する、新しいソーシャルコマースプラットフォームです。

24時間以内に設定された人数以上で買い物を行うことで、最大50%OFFの特別割引適用・限定商品をGET※など、一人では得ることのできない特典を受けることができます。

※特典内容や、購入成立のための必要人数は、商品によって異なります。

※個別配送のため、一緒に買う他の購入者に個人情報が共有されることはなく安心です。

※その他ご不明点は、チュートリアルおよびQ&Aを参照ください。

Photo: 田中宏和

Source: CoSTORY