Adobeの「Photoshop Elements 2023」と「Premiere Elements 2023」がM1に最適化されて最大70%高速に

  • author ヤマダユウス型
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Adobeの「Photoshop Elements 2023」と「Premiere Elements 2023」がM1に最適化されて最大70%高速に
Image: Adobe

Macbook Airとの組み合わせ、強いだろうな…。

Adobeの買い切り版アプリこと「Photoshop Elements 2023」「Premiere Elements 2023」が、新しくなって発売されました。本家サブスク版と比べると機能はシンプルですが、Adobe SenseiによるAI機能が多数追加されています。

シネマグラフや背景置き換えができる!

Video: Photoshop Elements/YouTube

写真編集アプリの「Photoshop Elements 2023」には、静止画の一部シーンを動かす「ムービングエレメント」が追加。いわゆるシネマグラフってやつですね。滝や砂埃を動かして、GIFあるいはMP4形式で共有できます。アレ、目を引くよね〜。

他にはボケ具合を調整する「のぞき見オーバーレイ」、「背景の差し替え」、「空の置換」、「パターンブラシ」、「不要なオブジェクトの消去」などの機能も。すでに実装済みの機能も強化されています。

221004adobeelements_02

動画編集アプリの「Premiere Elements 2023」には多数の映像エフェクトが搭載され、ワンボタンでアーティストな画風に変換できます。他にも被写体を中心にフレームサイズを自動変更、ベストシーンを選んでくれるスマートトリミング、映像から静止画の抽出など、AIを使った機能が新たに実装。

ソフトウェア全体の改修としては、インストール時間が35%、起動時間は50%高速化。必要空き容量は48%低減しています。また、M1 Macに対応し、最大で70%高速化したとのこと。速きことは良きことよ。

「Photoshop Elements 2023」と「Premiere Elements 2023」の価格は、どちらも1万9580円。両方をセットにしたバンドル版は2万7280円です(少し安いアップグレード版と学生・教職員向け版もアリ)。簡単な写真・動画編集をしたい人であれば、サブスク版よりこちらで十分かもしれませんね。

Source: MacRumors, Adobe