U字型の極太パイプフレームが面白い。ウクライナDelfastの電アシeバイク

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
U字型の極太パイプフレームが面白い。ウクライナDelfastの電アシeバイク
Image: DELFAST

羊の皮をかぶった狼みたいなeバイク。

1度の充電で世界最長の航続距離367kmを走り、ギネス世界記録を持っているウクライナのeバイクDELFAST。以前にはBMX風のオフロード車を取り挙げましたが、彼らの新車は街乗り用でU字型極太パイプフレームが特徴的です。

ゆっくり走りそうなのに

約161kmの距離を走る「California」は、「ちょっとコンビニに行くかな」くらいがちょうど良さげなデザイン。ですが、電動アシスト自転車なのに、 750Wモーターで最高時速が45kmとかなりの速さで侮れません。

Video: Delfast / YouTube

搭載サイクルコンピューターとスマホで接続

「California」にはハイパーインテリジェントCPUと車載コンピューターがあり、ハンドルのLCDディスプレイに走行距離や速度やナビなど各種の情報を表示するようになっています。しかもアプリで接続したスマホでも情報が見られると同時に、無線充電もできてしまいます。合計2画面になるので、ちょっぴり『ポケモンGO』を極める人みたいになりますね。

セキュリティーもしっかりしており、Bluetoothを使った施錠/解錠や位置追跡、自動不動化、動かされた時に鳴る警報の設定で盗難対策はバッチリです。

戦争に抗うシンボルとして

「California」は、カリフォルニア州にいるチームと、キエフで爆撃を受けた30人のスタッフたちの努力の結晶で生まれました。またアメリカの助けを借りて立ち上がるウクライナを象徴するモデルとなりました。なので売り上げの一部は、ウクライナの支援に使われるのだそうです。

221006_delfast
Image: DELFAST

価格は3,999ドル(約58万円)のところ、近日登場予定のINDIEGOGOなら1,999ドル(約29万円)で予約ができるようになるとのこと。時速24kmが上限の日本では難しいでしょうけども、DELFASTの動向を追う意味でも、抑えておきたい1台です。

スラッとスタイリッシュなのに、泥よけもあるしキャリアもつけられる。トレックが街乗りのために作った新型e-Bike「FX+ 2」

アメリカの有名スポーツバイクメーカー・Trek(トレック)から、軽くてスッキリしたデザインのe-bike「FX+ 2」が発売されました。

https://www.gizmodo.jp/2022/08/trek-fxplus-2.html

Source: YouTube, Facebook, DELFAST via NEW ATLAS