カリフォルニア州全土でeインクのナンバープレートが解禁。自動更新やダークモードも

  • 6,076

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
カリフォルニア州全土でeインクのナンバープレートが解禁。自動更新やダークモードも
Image: ABC7 / YouTube

お金はかかるけど便利なことがいっぱい。

電子書籍やスーパーの値札など、身近なところでお目にかかる「eインク」技術。これが自動車のナンバープレートにも使われ始めています。

西海岸のナンバープレートがデジタルに

2018年にカリフォルニア州サクラメントで解禁されていたデジタルナンバープレート「RPlate」が、いよいよカリフォルニア州全土で使用可能になりました。これまではパイロット版のお試しだったのが、正式に認可されたのです。

Video: ABC7 / YouTube

電子ペーパーの利点はさまざま

「RPlate」は白黒反転でダークモードになったり、自分や国交省が支持する啓蒙活動や企業広告を表示したり、試運転中や仮ナンバー、登録期限切れのお知らせ、さらには近隣でアンバーアラート(児童誘拐事件及び行方不明事件発生による緊急事態宣言)を起こして逃走中の自動車の特徴を呼び掛けたり、駐車許可証、障害者プレート、災害注意報を表示しながら走ることも可能。

でも、最大の利点はいっつも長蛇の列を成しているDMV(陸運局)へ行くことなく、アプリから登録や更新が可能な点でしょうね。

Video: Reviver / YouTube

GPS搭載も可能で、盗難車は「盗難」の表記も表示されるため、発見が容易になります。プライバシーの侵害やハッキングの懸念もありますが、そこは個人ユーザーなら任意でブロックできるので、忘れなければ問題ないかと思います。

メッセージで個性を出そう

これは一例ですが、メッセージには「死ぬまで暗黒面」と「フォースとともにあらんことを」と書かれています。あんまり目立ちませんが、こういうお遊びができるのも楽しいですね。

メリットに見合う金額か?

契約は電池式が2年縛り月額19.95ドル(約3,000円)で、4年契約で年額215.40ドル(約3万2000円)。車内からの配線で給電式だと2年縛りで月額24.95ドル(約3,700円)。商用は年額275.40ドル(約4万1000円)となっています。上記の利点を天秤にかけると、悩ましい金額かもしれません。あと軽くぶつけてプレートが壊れたら大変ですね。金属製ならちょっと折れ曲がる程度で済みそうですけども。

今はまだReviver Auto1社しか作っていないので、市場を独占している状態です。でも、これから米国内10州でも導入を検討しているそうですし、メーカーが増えたらもうちょっと安くなるかも?

太陽に30分当てるだけで傷が消えるクルマができちゃうの?

韓国化学研究院(KRICT)が新開発の保護塗料は1時間も光にさらせば、あんな傷もこんな傷もきれいさっぱり消える魔法の塗料。太陽光に当たると勝手に傷が消える特性を...

https://www.gizmodo.jp/2022/08/car-scratch-remove-buff-repair-coating-solar-sunlight.html

Source: YouTube (1, 2), Twitter, REVIVER via abc7, Los Angeles Times, IEEE SPECTRUM