新しいiPad&iPad Proの発売日! Apple Storeで実物をチェックしてきました

  • 10,112

  • author ヤマダユウス型
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
新しいiPad&iPad Proの発売日! Apple Storeで実物をチェックしてきました

無印の色、めちゃかわいい!

本日2022年10月26日は、先日発表があった無印iPadiPad Proの発売日。無印iPadは第10世代、iPad Proは11インチは第4世代、12.9インチは第6世代となります。ずいぶんと代を重ねたものですねぇ。

221026newipads_02

というわけで、恒例の最速Apple Stoer突撃にも行ってまいりました。新しくなったiPadたちを早速チェック!

ポップでカラフルなスタンダードiPad

221026newipads_03
221026newipads_04

こちらが無印のiPad。価格は6万800円からで、カラバリはブルー、イエロー、ピンク、シルバーの4色。とにかく色がカラフルで目を引きますね〜。

221026newipads_05

なんだか懐かしきiPhone XRを思い出させるポップさ。前モデルはシルバーとスペースグレイの定番2色でしたけど、iPad Airのような華やかさを出してきた。

221026newipads_06

陰った状況だとややメタリックにも見えるし、明るい場所だとソフトなトーンにも見える。

221026newipads_07

無印iPadといえば野暮ったいイメージがあったけど、もうそんなことはないですね。ちなみにオフィシャルのキャッチコピーは「かわいい。描きたい。魔法みたい。

221026newipads_08

個人的にはイエローが一番好き。見方によってはゴールドっぽくもあるし、華やかさとポップさのバランスが良い感じです。

221026newipads_09

USB Type-C端子、確認! 第9世代の無印はLightning端子だったので、これでもう本当にiPhoneだけだよ状態になったのでは?

221026newipads_10

見えにくいですけどフロントカメラの搭載位置が短辺から長辺に移動しました。ビデオ会議は横置き状態ですることの方が多いですから、理にかなった変更ですね。

221026newipads_11

第9世代の無印iPadと比較してみると、もう別物な見た目じゃない? ホームボタンやベゼルの狭さ、ラウンドスクリーンなど、面構えが大きく変わりました。第10世代になってついにホームボタンにお別れしたんだねぇ。

221026newipads_12

こちらは第5世代iPad Airとの比較。見た目はかなり似てる、というかほぼ同じです。無印iPadは第1世代のApple Pencilにしか対応していないので、ペンがくっつかないという違いはあります。無理やりくっつけようとしても磁石が暴れます。

221026newipads_13

で、その第1世代Apple Pencilですが、こちらはLightning端子持ちなためiPadにつないで充電するためには小さなアダプターが必要に。充電時はこんな見た目になります。アダプター、なくしちゃだめよ。

分割が便利! 新製品「Magic Keyboard Folio」

221026newipads_14

現状は新しいiPad専用といってもいい新製品が、キーボード兼ケースの「Magic Keyboard Folio」。使い勝手はかなり良さげですよ。

221026newipads_15

キックスタンドの保持力は充分。イメージとしてはSurfaceのキックスタンドが近いです。

221026newipads_16

面白いのは、こうしてキックスタンド部分とキーボード部分を分割させられる点(分割するとキーボードは使えません)。これもまさしくSurfaceじゃあないかッ! この仕組み、他のモデルのiPadにも来ないかな〜。

221026newipads_17

収納時のボリューム感はMagic Keyboardと同じくらい。軽量性を優先したい場合はキーボードが無いSmart Folioも候補になってきますね。

221026newipads_18

ちなみに、既存のiPad Pro向けMagic Keyboard(写真左)と比較してみると…。

221026newipads_19

写真右のMagic Keyboard Folioのほうが、わずかにトラックパッドの奥行きが広めにデザインされています。Apple豆知識としてお納めください。

M2搭載でよりProスペックになった、新しいiPad Pro

221026newipads_20

iPad Proも新しくなりましたが、見た目の変化はほっとんどありません。11インチは第4世代、12.9インチは第6世代にアップデートされ、どちらも現行最新のApple M2プロセッサーを搭載しました。11インチは12万4800円から、12.9インチは17万2800円から。

221026newipads_21

アクセサリー類も以前と同様に使えます。で、今回のiPad Proは中身のアップデートだけなのねーと思っていたら…。

221026newipads_22

実は、刻印がiPadからiPad Proに変わってます…! 地味すぎる変更、ぼくきらいじゃないよ。自分の使ってるデバイスにProって書いてたほうがテンションあがるのは事実じゃん?

新しくなった、入門機とフラッグシップ

今まではオールドデバイス感があった無印iPadが、ついに令和らしい装いになったなというのが率直な意見です。でも、ホームボタンがある第9世代が4万9800円なことを思うと割高感があるなぁとも。

用途に応じて第9世代、第10世代、もしくはiPad Airと選び分けていくのが賢い気がしますね。Proはもう別次元のアレなので。

221026newipads_23

新しいiPadは色がいい。今日はこれだけ覚えて帰っていってください。カラフルなデバイスたちがApple Storeであなたをお待ちしていますよ。

Source: Apple