iPhone 14 Plusを触ってみた感想 → デカイ!キレイ!mini復活して!

  • 15,179

  • author 山田ちとら
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
iPhone 14 Plusを触ってみた感想 → デカイ!キレイ!mini復活して!
Photo: 山田ちとら
うしろがiPhone 14 Plus

ほかのiPhone 14の機種に遅れを取ること約1ヶ月、ついについに発売されたiPhone 14 Plus

iPhone 12 miniを愛用している筆者が、2年間の進化を遂げた最新のiPhone14 Plusに触れてみた率直な感想は……うーん、デカい!

手に余るラージサイズ

無印iPhone 14をそのまま大きくしたiPhone 14 Plusは、iPhone 14 Pro Maxとほぼ同サイズ。正直、ミニサイズに慣れた手には収まりにくいデカさです。重量も70グラムの差があり、ずっしりと重みを感じますね。

小さいのがiPhone 12 mini、中くらいがiPhone 14、そして一番大きいのがiPhone 14 Plusです。

こうして比べてみると、サイズが変わっても一度に見られる情報量の差はそれほど大きくありません。ただ、明らかにiPhone 14とiPhone 14 Plusは輝度が高く、文字がハッキリしていて読みやすい印象です。

毎日長時間スマホとにらめっこしている現状を考慮すると、やっぱり見やすくてキレイな画面は魅了的ですねえ。

内蔵しているSoCチップがA14 Bionic(筆者のiPhone 12 mini)からA15 Bionicへと進化しているので、動作環境はiPhone 14 Plusのほうが格段に良くなっているはず。使い込んでみないとわからない差ではありますが。

カメラの性能はまちまち?

あと、違いといえばカメラですよね。レンズの径からして違います。

横から見ると、iPhone 14 Plusのカメラはかなり出っぱってます。これ、ガタつきの原因にもなっていて、そこもiPhone 12 miniとは使用感が異なるところです。

試しに室内で写真を撮り比べてみたのですが……、

いかがでしょうか?どちらもポートレートモードで撮ってみました。そこまでの違いはないのかな〜?というのが正直な感想です。

スペック的にはどちらもデュアル構成で、メインは1200万画素の超広角カメラで2倍光学ズームに対応しているところまでは一緒。iPhone 14 Plusはそれに加えてオートフォーカス機能が充実し、「Photonic Engine」という新技術を搭載しています。その差が活きてくる写真もあると思うんですが、ファーストインプレッションとしては大差ないかな

ミニサイズをぜひ復活してほしい…!!

というわけで、ざっくりとではありますが無印iPhoneのこの2年間の進化をこの手で感じてみました。

iPhone 14 Plusは動作がキビキビしていて、びっくりするほど画面が明るく、見やすくなっていました。きっとバッテリー持ちも大幅に改良されていて、2年前のiPhone 12 miniよりも総合的な使い心地はアップしているんじゃないかな。

それらの思いの延長線上にあったのは、ミニサイズの良さの再認識でした。

常に持ち歩くためにちょうどいいサイズなんですよねえええ。ランニングやサイクリングなどのアクティビティにも安心して持ち出せますし、女性の手でもギリで片手操作できますし。

アップルさん、どうかミニサイズを復刻してくれないでしょうか。2年間の技術の促進を体験してしまったからには、このサクサク感と明るさをミニサイズで実現してほしいです。次のiPhone SEに期待してます!

Photos: 山田ちとら

iPhone 14 Plus ほしい?

  • 0
  • 0
Apple

シェアする