カニエ・ウェストが言論自由SNSの「Parler」を買収

  • 6,994

  • author そうこ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
カニエ・ウェストが言論自由SNSの「Parler」を買収
Photo: Shutterstock.com

現在もYeなのですが、馴染みの深いカニエ・ウェストとここでは呼ばせてください。

面白くなりそうな不安しかないような買収話。カニエ・ウェスト氏が、SNSのParlerを買収しました。買収額は明かされておらず、買収完了は2022年第4四半期中を予定。買収後も、Parler運営のためのデータセンター含め技術的サポートは、現在の運営会社Parlement Technologiesが継続します。

“自分を自由に表現できる権利”

Parlement TechnologiesのGeorge Farmer CEOは、「この買収は、世界を、言論の自由についての世界の考え方を変えます。Ye氏はメディアの言論の自由に切り込み、ソーシャルメディアから排除されることを恐れる必要はなくなるでしょう」とカニエ氏を大絶賛。カニエ氏は、プレスリリースにて「保守的な意見が議論の的になってしまうような社会では、自分を自由に表現できる権利があることを確認する必要がある」とコメントしており、とにかく発言が自由なプラットフォームというところがカニエ氏に刺さったようです。

日本ではあまり知名度の高くないParler、短文型SNSで最大の売りは言論の自由を掲げているところ。自由なTwitterとでも言いましょうか。2021年に起きたアメリカの国会議事堂襲撃事件にて、コミュニケーションツールとして民衆を扇動したとされ、AppleもGoogleもParlarアプリをアプリストアから一時的に削除していました(現在は復活)。

Parlerのカニエ・ウェストアカウントはこちら。Parlerを使い始めた(登録日)のは、買収が発表された日なんですね。

Source: Cision via The Verge