火星で侘び寂び。赤い砂で枯山水が作れるミニ庭園で禅の境地へ

  • 21,678

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
火星で侘び寂び。赤い砂で枯山水が作れるミニ庭園で禅の境地へ
Image: uncommon goods

火星がマインドフルネスのお助けグッズに。

イーロン・マスクが火星への移住を計画しだしたり、NASAが火星に人類を送り込もうとしていたり、宇宙の向こうにある赤い惑星への憧れを強めている人類。今では火星時間も表示できるオメガのスピードマスターや、火星で着るためのパーカーが作られるなど、我々は火星を身近に感じつつあります。

赤い枯山水で心を落ち着かせよう

そんな中で登場したのが火星の地表をインテリアにしつつ、禅の境地へ導く枯山水アイテム「Mars Zen Garden」。白い砂の簡易枯山水は昔からあるグッズですが、それが赤茶色い砂と溶岩石に置き換えられ、探査機と宇宙飛行士のフィギュアを置くことで火星を表現しているのです。

221013_mars2
Image: uncommon goods

気になるお値段は40ドル(6,100円)。その他の宇宙グッズや火星で見つかったヤバいものを再現したりして、火星への想いを馳せてみましょう。

航空宇宙エンジニアが作った空飛ぶベイビー・ヨーダの完成度よ!

超ミニサイズのベイビー・ヨーダ が乗った、空飛ぶマンダロリアンのレイザー・クレストがまだ発売されていないということで、実際に自作してみせた人がいます。航空宇宙エ...

https://www.gizmodo.jp/2020/10/it-took-an-aerospace-engineer-to-make-this-tiny-baby-yo.html

Source: uncommon goods via The Awesomer