Teamsの操作を楽ちんに。純正リモコン「Microsoft Presenter+」

  • 10,024

  • author 山田ちとら
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Teamsの操作を楽ちんに。純正リモコン「Microsoft Presenter+」
Image: Microsoft

オンラインでも、リアルでも。

マイクロソフトから、会議がサクサク捗る純正リモコン「Microsoft Presenter+」が発売されました。

オンライン会議ソフトの「Microsoft Teams」で使えるのはもちろんのこと、Microsoft PowerPoint、Prezi、Keynoteなどのプレゼンテーションソフトウェア上でも使える機能が満載です。

マイクの状態が一目瞭然

オンライン会議って、操作ミスがつきものですよね。マイクをミュートにしたままでしゃべり続けてしまうとなんだか参加者全員が損した気分になりますし、逆にマイクをミュートにしておくのを忘れて生活音ダダ漏れだった…なんて失敗も。

Image: Microsoft

その点、Microsoft Presenter+の一番上についているマイクボタンはミュート時には赤、またミュート解除時には白に点灯するので、マイクの状態が一目瞭然です。

さらに、マイクの状態を切り替えた時はバイブレーションで知らせてくれるので、うっかりミスを防ぐ手立てになりそうです。

リアル会議にも便利

Image: Microsoft

ほかにもスライドを進める、または戻る際に重宝する操作ボタンと、参加者の視線を誘導するポインターボタンを搭載しています。一番下にあるTeamsボタンを長押しすると挙手できます。

さらに、右と左の操作ボタンに自分好みの入力操作をプログラムすることも可能だそうです。たとえばボタンひとつでスライドの一番最後まで先送りしたり、別のプレゼンを開始できたら、めっちゃ便利ですよね。

Bluetooth接続により、屋外なら最大10m、屋内なら最大5mまでの範囲内で操作できるそうなので、大規模イベントでも重宝するかも。

Image: Microsoft

大きさは高さ約93.9×幅29.5×奥行き9.4mmで、重量は25.6gです。専用の充電ドック付きで、2時間のチャージで最大6日間使えるそう。USB-Cケーブル(別売り)でつなげばどこでも、いつでも充電できます。

口下手で、オンライン会議ではついしどろもどろになってしまいがちな人(筆者含め)にとっては、ちょっとしたお助けツールになってくれるかも!

Reference: Microsoft
Images: Microsoft