12のショートカットキーを持つキーパッド、あらゆる機能がボタン一発!

  • 8,882

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
12のショートカットキーを持つキーパッド、あらゆる機能がボタン一発!
Image: MOUNTAIN

たった12個のボタンなのに潜在能力スゴい!

PCのソフトを起動する時、アイコンを探してクリックするのはチョイ面倒ですよね。ツール類だって、マウスを動かして小さなボタンをクリックしたりしないといけないですし、3つや4つのキーを同時に押すショートカットを押し間違えるのも、あるあるです。

そうした手間を一気に解決し、ボタンひとつで起動やツール選択を可能にするのがマクロキーボード。PC周辺機器メーカーのMOUNTAINがリリースしたのは、キーが横に6個×縦2列に並んだキーパッド「DisplayPad」と「MacroPad」の2種類。どちらも高機能で、作業効率が格段に向上すること間違いナシです。

GIFアニメが動くかバックライトが光るか

ボタンはすべて設定してから使うショートカットになっており、「DisplayPad」は、104×104ピクセルのGIFアニメも表示可能なLCDキーを搭載。「MacroPad」は、1,670万色のRGBバックライトがあるメカニカルキーボード。機能面では、どちらもほぼ同じとなっています。

できることがありすぎる!

ソフト起動やツールのショートカットだけでなく、Windowsの各機能を呼び出す、よく使うフォルダを開く、シャットダウンやスリープなども設定が可能。動画や音楽再生や音量調節、さらにはマウス操作だって割り当てられます。

Video: TechPowerUp/YouTube

これらは特に、ゲーマー配信者、またはクリエイター向けに作られています。Twitch、OBS Studio、Adobe Photoshop/Premiere Pro/Illustrator、DaVinci Resolveであれば、それぞれに対応したプロファイルがプリセットされており、「DisplayPad」なら「フォルダー」機能で各設定が保存でき、各ソフト用にプロファイルが無制限に作られます。「MacroPad」に「フォルダー」機能はなく、プロファイルも5種類と限定的ですが…それでも充分ですね。

221012_mountain2
Image: MOUNTAIN

マクロの設定は、たとえば「複数のキーと任意の時間経過後にマウスの左クリック+エンター」といった複雑な連携が1ボタンで済むのが便利。プロファイルは開いているソフトに応じて自動で切り替わるとのこと。指で押しやすい角度や、底面には滑りにくいゴムが付いたベースになっているなど、ハード面でも使いやすさを考えられています。

キーボードと合体できる

「DisplayPad」は109.99ユーロ(約1万600円)で「MacroPad」は59.99ユーロ(約8,500円)。これらは単体でも使えますが、同社のキーボード「EVEREST MAX」および「CORE」と合体すると、SF感漂うコマンド・センターへとレベルアップします。

すべてのボタンを駆使して作業を効率化したら、超優秀な指揮官になれそうですね。ちょっと憧れますが、むしろボタンが多すぎて使いこなせない! と感じる人も出てきてしまうかも。

Source: Twitter via MOUNTAIN (1, 2) via PC Watch, YouTube via TechPowerUp