Microsoft 365がMeta Questに登場。もうすぐVRでエクセルできる時代に…

  • 5,475

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Microsoft 365がMeta Questに登場。もうすぐVRでエクセルできる時代に…

あっちの世界のビジネス。

Meta(メタ)とMicrosoft(マイクロソフト)がタッグを組みました。近々、Meta QuestでOfficeやTeamsが使えるようになります。なってしまいます。

IT業界でもメタバース世界には懐疑的な人が多いですが、MicrosoftはMetaと一緒にあっちの世界に賭けてみるポジションをとったようですね。

Questに対応するOffice 365とWindows 365

新型MRヘッドセットMeta Quest Proが発表されたカンファレンス「Meta Connect」。ハードの発表だけでなく、そこで使えるソフトについても発表がありました。Microsoftのサティア・ナデラCEOが登場し、Microsoft 365(Word、Excel、PowerPoint、Outlook)とWindows 365が、近日Meta Questに対応することを発表しました。ナデラCEOいわく「まったく新しい方法で、ものを作り、コミュニケーションをし、共同作業することができるようになります」。

ヘッドセットつけてOffice使うってどんな感じだろう?と思いますが、カンファレンスで紹介されたイメージはこんな感じ。Questヘッドセットつけたユーザーの前には、ヴァーチャルスクリーンが5つ。まさにSFドラマで見たやつ!

221012metamicrosoft36501
Screenshot: Jody Serrano / Gizmodo / Meta Connect

メタバースの世界で新たにつながるMicrosoft Teams

また、Microsoft TeamsもQuestで利用できるようになり、あちらの世界でほぼ現実に近いミーティングが可能に。ホワイトボードやブレインストーミング機能もあります。今回のQuest対応を一生に1度レベルの大きな変化と考えているナデラCEOは、「現実で会うように繋がり、共有し、共同作業できます。将来的には、Metaのアバター含むいろいろなアバターが使えるようになり、Teams会議はより没入感の高い経験となります」と語っています。

221012metamicrosoft36502
メタバースの世界でMicrosoft Teamsを使って新たに同僚とつながる世界、だそう。
Screenshot: Jody Serrano / Gizmodo / Meta Connect

Xbox Cloud GamingもQuest対応

ビジネス関連だけでなく、ゲームでもMetaとタッグを組むMicrosoft。Xbox Game PassのCloud GamingサービスがMeta Questストアに登場します。Xboxコントローラを使い、Questの大画面で2Dゲームをプレイできるとのことですが、まだ開発初期段階だそうで、詳細までは明かされませんでした。

メタバースの世界でゲームをしたり、デザインなどのクリエイティブな仕事をすると言われると、素人ながらも次世代のワクワクを感じますが、あっちでエクセル開いてと言われると「…なんでわざわざ?」という思いもします。ただし、スクリーンのあり方が変わるなら、そんな世界も納得なので、未来はそっち方向ですと言われるとなるほどそうなの、かな。

マジでガチなPRO仕様なVR/MRヘッドセット。「Meta Quest Pro」のお値段は22万6800円

スタンドアローンなMRヘッドセットと考えると、この価格はアリな気がしています。MetaがMeta Quest 2を超える上級モデルの「Meta Quest P...

https://www.gizmodo.jp/2022/10/meta-quest-pro-1.html