Pixelスマホ、実は注目度ほどには売れてないのか…

  • 51,716

  • author 湯木進悟
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Pixelスマホ、実は注目度ほどには売れてないのか…
Photo: 三浦一紀

注目度のわりには…?

Google(グーグル)は、ソフトウェアの会社だってイメージが変わってきました。Pixelシリーズのスマートフォンは、ついに最新モデルでは「Pixel 7」と第7世代のバージョンを迎え、さてさて、どこまで伸びていくのか? 日本では期待が高まっているようにも思えます。

世界ではそれほどでもなかったり?

このほどAndroid Centralは、2016年Pixelスマホの発売以来、これまでにGoogleが売り上げた販売台数について、合計で約2760万台とするデータを明らかにしました。ちなみに、Samsung(サムスン)ですと、Galaxyブランドで有名な自社製のスマホの販売に関して、昨年だけで2億7000万台以上とするデータも出ています。つまり、単純計算で、過去6年を通じて見ても、Pixelスマホの売れ行きは、Galaxyスマホの年間の売れ行きの10分の1に過ぎないってことになってしまいますね。

日本だと、いろんなところでPixelスマホを購入できますけど、そもそもGoogleがまったくPixelスマートフォンのラインナップを提供していない地域が、世界にはわりとあるそうです。また、まるでiPhoneに対抗するかのごとく、モデルのバリエーションが限りなく絞られたPixelスマホとは異なり、Samsungは、ありとあらゆるラインナップのGalaxyスマホを、世界各国で販売中。ここと比較するのはどうかって話でもあるんですけど、意外にも話題性とは裏腹に、Pixelスマートフォンは伸び悩んでいると見てとることもできるでしょう。

2
Photo: 三浦一紀

いまやGoogleが手がけるハードウェアは、スマートフォンだけではありません。新たにスマートウォッチを発売し、タブレットまで投入されていきます。ただし、やはりシビアなビジネスの世界ですから、採算が取れなければ、姿を消していくラインナップだって出てくることでしょう。現に「Pixelbook」をめぐっては、残念な展開も? これからPixel 7シリーズにて、どれほど巻き返しに出れるかが楽しみでもありますよね。

Source: Android Central