100年越しの予言がついに実現。石油王御用達のロールス・ロイスもEV車発売

  • author 代田 龍之介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
100年越しの予言がついに実現。石油王御用達のロールス・ロイスもEV車発売
Image:ROLLS-ROYCE MOTOR CARS PRESSCLUB

ラグジュアリーと未来感の融合。

天使のエンブレムで有名なロールス・ロイスが、ついにEV車の発売を発表しました。その名も「スペクター」。「ファントムクーペ」の精神を引き継ぎ、電動化による未来感が調和されたデザインがもうたまりませんね。ロールス・ロイスはスペクターを皮切りに、2030年までに全モデルをEV化させると発表しました。実はロールス・ロイスにとって、電気モーターの採用は新しいコンセプトではないんです。公式によれば、ロールス・ロイスの創設者であるチャールズ・ロールズ氏は、1900年4月、自動車の電動化を予言していました。ロールズ氏は「コロンビア」と呼ばれる電動自動車に乗車し、電気駆動こそが理想であると公言していたそう。

それが122年越しに現実になったって、すごくないですか?

でも、もっと前からEV車にできたんじゃないの?と思ったそこのあなた。その疑問について、公式によれば、ロイス・モーター・カーズの現CEOエトヴェシュ氏は「今までは、電気自動車として利用可能なテクノロジーが、ロールス・ロイスの乗車体験にふさわしいレベルにはなかった。ついに、ラグジュアリーの未来への道筋を変えるときが来た」と宣言したそう。

すごい、高級車としてのプライドがすごすぎる。だからこそ、何百年も愛されるブランドなのだなと感じました。それにしても、ロールス・ロイスをもっとも所有している国のひとつ、サウジアラビアは、世界最大級の産油国のひとつでもあります。EV化についてどう思っているのか気になりますね…。

Source:ロールス・ロイス(1, 2