スカウターで後方240度が見えるスマート・ヘルメット。前方カメラと音声で生配信も可能!

  • 62,887

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
スカウターで後方240度が見えるスマート・ヘルメット。前方カメラと音声で生配信も可能!
Image: ICH

戦闘力は測れないけどね。

自動車にはルームミラーがありますが、左右のミラーしかないバイク後方確認がちょっと苦手ですよね。その弱点をカバーするのが最新のテクノロジー。

おでこには前方をカバーするカメラと、後方240度の視界を確保するデュアルカメラで、右目部分にあるHUD(ヘッドアップ・ディスプレイ)に映像を映すヘルメット「iC-R」シリーズが生まれました。

このヘルメットに死角ナシ

前方は目視できるとして、後ろと合わせて360度の全方位が確認できるので、より安全に走ることができます。HUDは、『ドラゴンボール』のスカウターみたい。いくつもの情報が表示されるのは、アイアンマンの中にいるみたいです。

Video: Intelligent Cranium Helmets / YouTube

筐体はカーボンファイバーとケプラー繊維で作られており、軽くて頑丈。内部の風通しも考えており、頭が蒸れにくくフィルターで綺麗な空気が流れるよう作られています。カメラは音声コマンドで録画も行え、スマホ用アプリでの確認や、GPSのおかげで紛失時に探すことも可能です。

テールランプもありますが、近接センサーもあるので、後ろからの煽り運転を検知し、警告音で知らせる機能も安心。スピーカーとマイクで音声通話もでき、もし事故が起こっても装着者が5~20秒以内に応答しないと、緊急連絡先と最寄りの緊急サービスに連絡する機能まで備えているとのことです。

221004_icr1
Image: INDIEGOGO

景色と音声を生配信することも

運転中の音楽は危険ですが、ツーリング仲間との会話も楽しめます。額にある前方カメラはアクションカメラなので、走行中の景色をあとで見返すだけでなく、生配信も可能なんだとか。これはバイク乗りのユーチューバー必見ですね。

機能により4種類から選べる

結構なハイテクっぷりなので、価格は上記の機能が全部盛りの「iC-Rs+」が1,869ドル(約27万1300円)となっています。カメラの解像度が少し落ちても良ければ、1,744ドル(約25万3100円)の「iC-Rs」、さらに前方カメラがなくても良ければ1,234ドル(約17万9100円)の「iC-R」、前後カメラもHUDのもGPSもないエコノミー・タイプ「iC-Re」だと719ドル(約10万4300円)です。INDIEGOGOよりどうぞ

手許のスマホがバックミラーに。後方カメラで安全確認が確認できるeバイク「コブラ」

安全対策のために後方カメラの映像をスマホに映せるイタリアの電動自転車COBRA(コブラ)がクラファン中。

https://www.gizmodo.jp/2022/07/totem-cobra.html

Source: YouTube, ICH via INDIEGOGO