ガチピン間違いなし。全能感すら沸き立ってくるAFが凄い「α7R V」

  • 10,848

  • author 武者良太
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ガチピン間違いなし。全能感すら沸き立ってくるAFが凄い「α7R V」
Photo: 武者良太

カリカリピントな写真がここからたくさん生まれていくんだろうなあ...。

AI AFといってもニコンのレンズではありません。「α7R V」に搭載されたAFは、AI(深層学習)のチカラを借りて、様々な被写体を認識して素早く確実にフォーカスをあわせてくれる次世代AFシステムなのです。

人物は瞳/頭部/胴体で認識

IMG_4574
Photo: 武者良太

他メーカーと比較して、認識できる被写体の種類が乏しかったソニーですが、α7R Vからはそんなこと言わせません。顔だけではなく頭部や胴体も認識してくれます。さらにリアルタイムトラッキング機能により、被写体が物陰に隠れてもトラッキングし続けてくれます。

DSC04839s
Photo: 武者良太

AFが認識してくれる被写体は人物、動物、鳥、昆虫、車/列車、飛行機。1時間ほどのテスト撮影時では、これらを撮影するときにピントが外れるという不安はいっさいなし。写真の腕が上がったかのような感動が身体にじわじわと浸透しますし、自分の視線と連動してピントをあわせてくれる感覚が全能感も呼び起こします。ちょっとコレは凄い。

IMG_4568
Photo: 武者良太

猫を撮る/撮りたい方にとって欠かせない動物AF。フルサイズαシリーズではα7 IIIから動物の目に合わせてくれるAFが搭載されていましたが、α7R Vの動物AFは合焦までのスピードが速くなったように感じますし、画角いっぱいの被写体でなくても目の位置を正しく認識してくれます。

IMG_4598
Photo: 武者良太
IMG_4599
Photo: 武者良太

人体だけではなく、他の被写体も頭部(先頭部)と全身を捉えることが可能です。

IMG_4621
Photo: 武者良太

しかし鉄道の認識ができるようになるとは思いませんでした。鉄道写真の需要が大きい、ということなのでしょう。

ソニーが「α7R V」を発表!AFが劇的に向上、手ブレ補正は8段に。画素数は引き続き6100万画素

ライバル機もうかうかとはしてられない存在ですよコレは。2013年11月に初代α7/α7Rが発売されてから9年。ソニーのフルサイズミラーレス「α」シリーズは第5...

https://www.gizmodo.jp/2022/10/sony-a7rv-outline.html

Source: ソニー