3年ごとに新モデルのMacBookになる月3000円ほどのサブスク、米国でスタート

  • 70,926

  • author 湯木進悟
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
3年ごとに新モデルのMacBookになる月3000円ほどのサブスク、米国でスタート
Photo: amito

これ日本でもどこかやってほしい!

iPhoneにiPad、MacBookと、Apple製品を使いこなしている人にとって悩ましいのは、いつまでも同じ愛機を使い続けるわけにはいかないことでしょうか。

最近でこそ、2年ごとに必ず買い替えるというユーザーは多くなくなってきたものの、どこかのタイミングで常に買い替えが視野に入ります。もうサブスクいつも最新モデルを使えるサービスとかやってくれないかな?

3年で分割支払金を免除して新モデルに

そんなサブスクへの願いが叶いそうです。

GOBankingRatesが報じたのは、米国の家電量販店チェーンBest Buyがスタートした「Upgrade+」という新アップグレードプログラム。最新機種を分割払いで購入しつつも、2年後に新機種へと変更して使用機種を返却すれば、残りの分割支払金が免除されます。

これは日本の携帯電話キャリアが、iPhoneユーザーなどへ向けて提供しているモデルと似ていますね。Upgrade+の場合、決まった額を36か月支払って、37か月目に利用モデルをどうするか選択する仕組みです。

たとえば、もっとも安い利用料金に抑えたければ、M1チップを搭載する999.99ドル(約14万6000円)のMacBook Airが、毎月19.99ドル(約2900円)を支払うだけで、頭金なしで3年間使える計算になります。3年後に返却すれば、追加の料金は一切不要ですし、残る280.35ドル(約4万1000円)の分割支払金を払って購入してしまうことも可能。もっとも魅力的な選択肢は、そのままUpgrade+の利用を続けることで、また最新モデルのMacBookへアップグレードできてしまうことでしょう。

AppleCare+もついてくる

そもそもパソコンは3年もすれば常に最新モデルへ買い替えてるし…といったユーザーであれば、このスタイルで、ずっと快適に新モデルを使い続けるのがいいように思えます。そしてこのUpgrade+の最大の魅力は、Best Buyのカスタマーサポートとなる「TotalTech」にさえ加入していれば、本来有料の「AppleCare+」が無料でついてくること。TotalTechも有料サービスですけど、AppleCare+の半額程度の利用料金となるため、なんだかお得に思えるのでは? そのうちこんなパソコンの買い方が、日本でもスタンダードになったりするかもしれませんよね。

Source: GOBankingRates