まるで透明マント。監視カメラでAIが認識しないアグリー・セーターが作られる

  • 88,383

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
まるで透明マント。監視カメラでAIが認識しないアグリー・セーターが作られる
Image: COMPUTER SCIENCE

目立つ柄だけど社会的に消えます。

伝統的に冬になると欧米人が着る、ダッサい柄の「アグリー・セーター」。マイクロソフトも毎年新作をリリースし、音楽業界ではアイアン・メイデンガンズ・アンド・ローゼズがオリジナルを作っていましたね。

さて、今年もそろそろアグリー・セーターの時期が到来しようという頃合いですが、ニューヨーク州にあるコーネル大学では、監視カメラでAIが認識しない「アグリー・セーター」が爆誕した模様。『ドラえもん』や『ハリーポッター』では物理的に消える「透明マント」がありましたが、こちらは社会的に透明人間になれる装備となっています。

検出オブジェクトの信頼度を下げる模様

デカデカと印刷されている市場のカボチャみたいな模様は、機械学習システムが認証時に用いるスコアを下げる、脆弱性を調べるために生成された敵対的パターン。しかもマイクロフリースの裏地で中の湿気を逃し、着ている人を温める機能性を持っています。

221022_uglysweater2
Image: COMPUTER SCIENCE

この研究には、Facebook AI(現Meta AI )のサポートがあったとのこと。大勢がいる中でひとりだけ着ていれば検出されず、また大勢が着ていれば着ていない人だけが検出されます。ド派手でダサい反面、AIからは検出されないセーター…みなさんもこの冬いかがでしょうか?

Source: Cornell University, COMPUTER SCIENCE via HACKADAY